俗な言葉

若いということは、無条件に良いことである。たとえ少々難ありと言えども。
でも、羨ましいとは思わない。いずれは、皆年を取る。皆一つの道を歩いている。
歩き始めたのが、早いか遅いかの違いだけである。
子供叱るな来た道じゃもの、年寄り嗤うな行く道じゃもの
永六輔さんの「無名人名語録」収録されているものだそうで、時々頭に浮かぶ。
続きがあって「来た道 行く道 二人旅 これから通る今日の道 通り直しのできぬ道」と続くそうだ。(検索してみた)
俗だなぁとは思うが、俗なものが持つ真実を言い当てていて、身に染みる。

[PR]
# by sekizono | 2018-02-20 15:59

指差し呼称

年を取ると、物忘れをするようになる。記憶力の良さを誇っていた私も、近年はポカが多い。
それで始めた指差し呼称。駅なんかでよくやってる安全確認。あれを家でやることにした。
漫然と行動してると、ポカをする。忘れることが多いから。
薬を飲むときは、飲もう、飲んだと声に出す。鍵を掛けたら、掛けたという。その他、炬燵の電源を切るとき、ストーブを消すとき、いちいち声に出して確認する。
必然的に独り言は増えた。一人でも結構にぎやかです。
[PR]
# by sekizono | 2018-02-19 17:03

長い一日

年を取ると、一日が長くて一年が短い。母がよく言っていた。私も実感している。
外出予定のない日は、今日は何をして過ごそうかと考える。
ホントは、するべきことはある。
家の中を磨き上げれば、小さな家でもかなり時間がかかる。でも、明日できることは、今日しない私。今日はまだ寒いからと適当に切り上げる。
で、パソコンをしたり、台所で、何か作ったり、テレビを見たり、本を読んだりして一日はくれる。
[PR]
# by sekizono | 2018-02-17 16:04

日常生活を大切に


by sekizono