カテゴリ:未分類( 1495 )

昔遊び

午後、2月に小学校でボランティアが行う「昔遊び」の打ち合わせに行った。
私は初めての参加である。3年生が対象らしい。
お手玉、まりつき、おはじき、ごむ飛び、あやとり、コマ回し等々。
但し、すべて室内で行うので、コマ回しは、昔男の子がやっていたような投げるようなのはない。
昔遊びと言いながら、初めて見るものもある。
普段、子供と付き合いの少ない私は、少し不安な面もある。でも、80代の人も参加しているから、泣き言は言えない。
その日は、午後の予定は入れないでおこう。
[PR]
by sekizono | 2018-01-18 15:38

良い子

午後のニュース番組で成人式の様子を扱っていた。
相変わらず、奇抜なファッションもあったけど、暴れる様子はなかったのをみると、今年の新成人はおとなしい人が多いのだろうか。
可笑しかったのは、猿之助歌舞伎みたいな奇抜な着物だか洋服だか分からないファッションの若者が二人、インタビューで
「この日のために一年間貯金しました」とにこやかに答えていたこと。
あらら、良い子ではないか。しかも、その奇抜なファッションで、最前列でおとなしく話を聞いている。ますます、良い子だと思ってしまった。
成人式は、普段まじめに働く青年が、思い切り自己アピールする日になったのだろうか。
私は、この二人に好意をもった。案外、いいお父さんになるかもしれない。
[PR]
by sekizono | 2018-01-14 18:52

祖母のこと

日曜日に兄の3回忌法要があった。
読経のあと。お坊さんが「お説教」をした。上の妹と同級生である。
盛んに人は死んだらお浄土にいくと説く。あまりに言うので、心の中で「お前は行ったことがあるのか」と悪態をついた。
それで、思い出した。
遠い昔、小学校低学年のころ、父方の祖母にした質問「人は死んだらどこにいくの?」。
祖母の答「冷たくて暗くて何にもないところに行かねばならない」
私は、祖母に十分に可愛がられた記憶がある。可愛い孫娘に、なんという醒めた答。
祖母は信心深い人であった。お寺参りにもよく行っていた。しょっちゅう低く小さな声で「ナンマンダブ、ナンマンダブ」と唱えていた。
なのに、お浄土に行くとは思っていなかったのだ。
祖母は、気が強い人だったが、意地悪なところはなかった、母はよくそう言っていた。
小さな孫に言っても、分からないだろうと、自分の中にある醒めた部分を見せたのだろうか。
あの頃の祖母の年齢を、私はもう越えている。私が孫に聞かれたら、祖母のようには答えられない。
同じような質問を次男が小さいときにした。
私の答「お母さんは、死んだことがないから分からない」。

[PR]
by sekizono | 2018-01-13 19:23

ファッション

ファッションのためには、寒さもいとわない若い女性は、昔からいたようだ。
画帖を見ていたら、薄いシュミーズのようなドレスでポーズしている肖像画があった。
解説文を読んでみる。
ナポレオンの時代、王政時代のゴテゴテしたファッションへの反動からか、簡素なギリシャ風のドレスが流行った。
でも、温暖なギリシャと違うフランスの冬には、寒すぎた。
それでも若い女性はこの薄いシュミーズドレスで外出したりして、風邪をひく人が続出。
肺炎や結核で若い女性が多く亡くなったそうだ。
死をも恐れぬファッション。なんか怖いです。
本のタイトルは「怖い絵」でした。
[PR]
by sekizono | 2018-01-12 11:31

初雪

今日は寒かった。窓の外では雪がチラチラ。初雪だ。
日本全国で雪の警報が出ているらしい。外出の予定もないから、一日籠りっぱなしで、肩が凝った。
明日は、今日以上に寒くなるらしい。雪が降るだろうか。幸いなことに、明日も予定はなし。食料もあるから、家で炬燵で蜜柑を決め込もう。

[PR]
by sekizono | 2018-01-11 20:35

あいたよう

年を取ったなと感じるのは、なにか頑張った後に来る筋肉痛。
大したこともしていないのに、翌日、少し体が痛い。大したことを(自分の感覚では)したときは、2日後ぐらいに痛みが来る。
子供の頃、お年寄りが「あいたよう、あいたよう」と言いながら、動いていたことを思い出す。
子供の私が見ていたお年寄りと、今の私は、ほぼ同じくらいかもしれない、と思うと、なんだかおかしくなる。
はるばると生きてきにけり、なんて言ったら、今の時代「若造がなにを」とグランドシニアの方に一喝されるかもしれない。

[PR]
by sekizono | 2018-01-10 15:46

寒さに負けず

フェイスブックに成人式の着物姿が投稿されていた。
和装の女性が一人。双肩のモロだし。背中の半分近くが露出している。
コメントは、悪意に満ちたものからお説教調まで、様々あったが、私の感想は「風邪をひかないようにね」
屋外でのショットだったから寒かったろうにと思うが、自己顕示欲は寒さを凌駕する。まさに、泣く子とファッションには勝てない。
[PR]
by sekizono | 2018-01-09 20:10

めんどしい

昨日だったか、なんとなく、テレビをつけながら家事をしていたら「めんどしい」という言葉が聞こえてきた。
ローカル番組のようだ。
「中学生にもなったら、父親と並んで歩くなんてめんどしいことはしてくれん」そう言っていた。
「めんどしい」なつかしい言葉だ。久しぶりに聞いた。
面倒くさい、ではない。標準語で言えば、下品で恥ずかしいという意味になると思う。
大分弁だけだと思っていたが、検索してみたら愛媛県でも同じ意味で使われているようだ。
愛媛と大分は昔から交流があったから、納得。
でも、同じ検索欄に、若い人の間では、面倒くさいの意味でも使われているとあった。
こうして言葉は変化していくのだろう。
[PR]
by sekizono | 2018-01-07 19:45

期待

犬は吠える されどキャラバンは行く
いつ知ったかは忘れたが、いくら文句をつけてみても、時代の変遷は止められない。多分そういう意味だったと思う。
こんなことわざを思い出したのは、成人の日が近づいたからだ。毎年成人式のファッションやバカ騒ぎにはウンザリして文句の一つも言いたくなっていた。
でも、やめた。
今の若い人たちが、それでいいと思っているなら、良しとしよう。何十年かのち、思い出して赤面するかもしれないが、それも青春の思い出だ。
私たちも、今思い出したら赤面しそうなことを沢山してきた。
若さはバカさ。今はアホでも、いずれは賢い大人になるだろう、と期待することにしよう。
[PR]
by sekizono | 2018-01-06 11:31

笑えない

年末年始、面白いテレビ番組がなかった。
紅白歌合戦は、何年も見てない。「ガキの使いやあらへんで」が面白かったが、ここ2、3年は見るのは見るが、大笑いできない。
最初の頃は、大笑いしながら見てたのに。
お笑いと銘打っている番組で笑えないことが多い。私が年を取ったせいか。いや絶対に番組に魅力がないせいだ。
年のせいではない。作り手が悪いのだ。そう思っておこう。
[PR]
by sekizono | 2018-01-03 15:44

日常生活を大切に


by sekizono