<   2013年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

てんやわんや2

今日の同好会は、音楽の取り込みと書き込み。
別の同好会でやったことと同じことをするから、てんやわんやは覚悟の上だったが、やっぱりいろいろ起きました。
先ず、OSが2種。7とビスタ。画面が違う。
7を先に説明しといて、ビスタのパソコン画面を思い出しながら、あれこれ触ってみてなんとか取り込み作業を終了。
次に、パソコンから、CDへの書き込み。
7とビスタで画面が違うし、初めてメディアプレーヤーを使う時に出てくるメッセージを一人一人確認し、ほとんど個人レッスン。テキストは有ってなきが如し。
とにもかくにも、マイCDを作成できた。が、疲れた。
次回、もう一度同じことをすることに。今日よりは楽だと思う。多分。

a0164996_1923936.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-02-28 19:25

変?な広告

今日の午後、なんとなくテレビを見ていると、保険のコマーシャルをやっていた。
薬丸裕英夫婦が、保険のプランナーらしき人から、介護保険の説明を受けているという、シチュエーションだった。
ん、と思ったのは、要介護4や5になると、一月の費用が32万円かかるんですよ、と説明しといて、自己負担はその1割だという説明はなかったこと。
自己負担のところを説明しなくて、こんなにお金が掛かるから、だから保険に入りましょう、と言うのは虚偽の広告に当たらないのかしら。
外資系の保険会社だったけど。
公的保険料をちゃんと払っておけば、ある程度の年齢になれば、民間保険に入らなくても大丈夫。貯金しといたほうが、よっぽどいい。母の介護の経験からの私の結論。

a0164996_1925516.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-02-26 19:28

メジロ

今朝、ゴミ出しの帰り、お隣さんの梅の木の間を小さな鳥が飛びまわっていた。
一時もじっとしていないので、なんだと思って目を凝らして見てみると、体型からメジロのようだ。
うちの近所でメジロを見たのは初めて。というより、私が気付かなかっただけかもしれない。
こういう可愛いものに出会うと、なんだか気分がいい。001.gif

a0164996_167213.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-02-25 16:08

iTunes

2,3日前、iTunesをインストールした。以前いつかダウンしようとテキストを購入していたので、やっと活用できる。
iTunesの操作を覚えておけば、スマホやiPadにも便利だそうだ。いつ使うようになるかは分からないが。

a0164996_1853325.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-02-23 18:54

連鎖

子供の頃、近所に映画館が2軒あった。
私は小さいときから映画が好きで、よく見に行っていた。小学校では映画は禁止だったけどお構いなく見に行っていた。
中学・高校も許可映画は出来るだけ見に行っていた。
結婚してからも私が好きなものを子供にも好きになってもらおうと、子供を連れてよく映画館に行った。
東映漫画祭り、大映の「大魔神シリーズ」、東宝の怪獣映画、その他洋画などに連れて行ったものだ。
息子たちは映画好きになってくれたようだ。
長男が、「息子が少し大きくなったら、映画を見せたいけど、近くにないので、お母さんのところに、泊りがけで来るしかないか」と言ったことがある。
孫が幼稚園生ぐらいになったら、息子一家と東映漫画祭り(まだやってる?)に行くのもいいかなぁ、なんて考えている。

a0164996_2022098.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-02-22 20:06

安達が原

夕方、母の部屋で明日のデイサービスの用意をしていたら、「私は、年取った人がこんな髪をしているのは好かん」と母が言うので、テレビを見たら、落合恵子さんが画面に出ていた。
そのヘアスタイルはなんと言うか、指揮者の小沢征治さんのライオンヘアをさらに横に広げて長く伸ばしたような、言って悪いがまさに安達が原の鬼女スタイル。
二人同時に「安達が原」と言ってしまった。006.gif
綺麗な白髪だから、きっとケアもちゃんとしているのだろう。が、私も母と同様、年配者のこういう髪型はあまり好きではない。オシャレと言うより、ザンバラ髪になってしまっている。
他人のファッションに口を出す柄ではないが、これが、すっきりしたショートヘアだったら、どんなに素敵かと思う。
年取った自分を客観的に見るのって、結構難しい。他山の石としよう。

a0164996_19332951.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-02-21 19:38

ペコロスの・・・

昨日、前に週刊誌の書評を読んで、気になっていた本を買いました。
「ペコロスの母に会いに行く」
長崎在住の岡野雄一さんが、認知症でグループホームに入所しているお母さんとのいろいろを漫画に描かれたものです。
こんなにも可笑しくて、切なくて、心温まる漫画は初めてです。
私はページをめくりながら、笑い、そして泣いていました。
今、ボケないための食事や、生活習慣とか、巷ではいろいろのノウハウ本が氾濫しているが、私は自分の介護体験からも、ボケることもそう悪いことではないのではないかと思い始めている。
いつまでも頭脳明晰でいるということは、老いた身には案外辛いのではないか。
ボケることで、辛い思い出がいい思い出に変わるなら、それも良いのではないか。

私が一番心打たれたお母さんの言葉(ご主人は亡くなっています)
さっき、父ちゃんが 訪ねて来なったばい
なあユウイチ
うちがボケたけん 父ちゃんが 現れたとなら
ボケるとも  悪か事ばかりじゃ なかかもしれん

a0164996_19262258.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-02-20 19:29

チキンスープ

デイサービスの日。チキンスープを作ろうと、鶏のぶつ切りを買ってきた。
あまり食べない母になんとか蛋白質系をと考えていて、チキンスープはどうだろうと思いついた。
モモの方がいいが、無かったので胸肉を購入。骨付きであることが大事。
ぶつ切りと、ニンニク、ショウガ、玉ねぎ、ついでに人参を丸ごと鍋に入れる。
最初は強火で、あく取り、後は弱火で、骨と身がバラバラにほぐれるまで煮込む。
時間を掛けるだけ、手間は掛からない。
出来たら、スープを濾して、身はほぐして、サラダか酢の物に使える。
冷凍しておけるので、大量に作るのもOK。
今、台所にはいい匂いが充満している。

a0164996_1531510.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-02-19 15:04

暴言の応酬

母は、日中は用心のために紙パンツに尿取りパッドを重ねて使用しているが、トイレはポータブルトイレを使う。が、夜は、私の睡眠を確保するために、オムツに替える。
で、昨夜の母娘の会話。
トイレに座った母が、「痒い」と言ってお尻をガリガリ掻くので
「もう!婆ちゃんは、皮膚だけは上品なんだから、そんなに掻いたら、また、ただれる。子供じゃないんだから、考えよ!」と言って怒ると
「もう、この年になったら、子供と一緒だから、いい!」と言い返す。
「一緒じゃない!子供はお尻ペンペン出来るけど、婆ちゃんには出来ない!」
「介護に疲れた娘、老母を虐待、なんて新聞に書かれるかもしれん」
これには、笑ってしまった。
認知症が少しずつ進行している気がするが、ときどきこういう面白いことを言ってくれます。

a0164996_15515371.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-02-17 15:55

てんやわんや

今日の同好会。メディアプレイヤーを使って音楽の取り込みと書き込みをした。
一応テキストを作り、そう難しい作業ではないから、簡単に行くと思ったら大間違いだった。
同じ機種でもCDを挿入してからでるメッセージが違う。ツールバーが表示されてない人もあるし、で、あちこちから、「どうする」の声が飛び交い、私はみんなのパソコンを覗いてみる羽目に。
初めてソフトを開けた人にはいろんなメッセージが出てくるが、そういうことを私は忘れていたのでテキストには入れてなかったから、これは私のミス。
やはり、人に伝えることの大変さを痛感した。
それでも、なんとか終了したが、果たして結果は如何に。
一人、車のCDで聞けたと、メールで連絡が入ったので、少しホッとした。
教室ではよく分からなかったことを、家で復習してみたら、ちゃんと理解できた。やはりテンバっていると脳味噌も働かないようだ。
今度質問されたら、ちゃんと答えられるようにしとこう。

a0164996_19581179.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-02-16 19:59

日常生活を大切に


by sekizono