<   2013年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

明日から4月

お花見も今日でほぼお終いだろう。今年は開花が早いせいもあるが、とうとうちゃんとした花見はせずじまいだった。
運転しながらでは、きれいだとは思っても、見惚れるわけにはいかない。なんとなく不満が残る3月。
明日から、4月。自宅に戻って、しばしの充電期間。夏になると、二番目の孫の出産のお手伝いに行く。これは嬉しいお手伝い。
映画評論家のおすぎが、幼稚園児の登園風景に出合うと、傍に行って、思いっきり元気を貰う、なんて言ってたけど、確かに、幼児や赤ん坊って、年寄りに元気をくれる。
私も孫の世話をして思いっきり、元気を貰ってこよう。

a0164996_1675170.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-03-31 16:09

美容院へ

今日は美容院へ。いつもなら、土曜日は同好会があるので行かないが、第5土曜日はお休みなので、あとの予定を考慮して行くことにした。
お客が多いことを予想して早めに行って正解。一番で受付したので早めに終了。家に帰る。母の家だが。
母がいないのだから、早く自宅に帰りたいのはヤマヤマだが、月曜日が可燃物の収集日。ゴミを出すためだけに朝早く出てくるのも面倒なので、月曜日の朝、ゴミを出して帰ることにした。
しばらくは自宅ライフを楽しんで、充電します。

a0164996_18204561.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-03-30 18:22

大物洗い

昨日の天気予報では今日は晴れだったので、朝からせっせと大物洗い。朝は少し曇っていたけど、そのうち晴天になると思っていたが、結局すっきりと晴れてくれなかった。ま、なんとか乾いたが。
土日はあまり期待できない。少しでも家の中を整理して、母の家を閉じて、自分の家に帰りたのだが。
車なら近いし、郵便物の点検やら、家の風通しのためにしょっちゅう来るのだから、そうキチキチしなくてもいいのに、なんとなく、キチンとしたくなる。普段はそう律儀でもないのに。

a0164996_18292340.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-03-29 18:31

しまらない朝

朝の6時に目覚ましが鳴った。音を止めて、またトロトロと二度寝。
6時半に起きたが、動く気になれず、ボーッとテレビを見てた。
7時過ぎ、ようやく、椅子から立ち上がり、コーヒーを淹れ、朝食の準備。
メークをして、気分をシャッキとして、ゴミだし。
午後はパソコンの同好会なので、なんとか気合を入れて、家を出た。
明日は天気も良さそうだし、頑張って片付けるぞ。

a0164996_1972914.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-03-28 19:08

入所の日

母の入所日は、朝から冷たい雨。3月末だが、冬支度で家を出た。
末妹が先に施設に着いていた。
前回と同じく、職員からいろいろ説明を受け、ひたすら、サイン・押捺。
最後に、施設長の医師から説明を受け、サイン・押捺。
10時半ごろ入所して、すべての手続きが終わったのが、12時前だった。
すでに、食堂に入った母の様子を見に行った。
2回目とはいえ、最初は少し不安げだった母も打ち解けた感じで隣の人と話していた。職員さんに顔なじみの人がいて、安心したようだ。
「今日は、これで帰るよ。また来るからね」と言うと、笑顔でうなづいた。
秋に少しでも体力を回復して退所して欲しい。

a0164996_1833449.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-03-27 18:35

口癖2

母の口癖は「早くお迎えが来ないかなぁ」。
それに対抗して、私がこの頃仕入れた文言。
「お迎えはいつ来てもいい。でも、今日でなくてもいい」
これを返すと、母も笑いだし、少しご機嫌になる。
この応酬も、明後日から、しばらくお預け。この頃、若干体力が落ちたような気がするが、専門家に見守られて、元気になって退所して欲しい。

a0164996_19183974.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-03-25 19:20

準備完了

27日に母が入所するので、その前に髪をカットするために、下の妹が来た。
天気が良くて暖かければ、二人で母を散歩させたかったが、あいにくの天候で断念した。
髪をカットして、爪を切り、母の準備は完了。
持ち物の準備もOK。後は、入所日を待つのみ。

a0164996_1855641.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-03-24 18:56

朝のつぶやき

この杯を受けてくれ
どうぞなみなみ注がしておくれ
花に嵐のたとえもあるぞ
さよならだけが人生だ

元は漢詩ですが、井伏鱒二のこの訳が有名です。春になると、なんとなく頭に浮かんできます。
今朝、母のデイサービスの支度をしながら「花に嵐のたとえもあるぞ」と呟いたら「さよならだけが人生だ」と母が返してきた。
「あ、知ってるの」と聞くと「知ってるで。太宰治かなぁ」
「いや、井伏鱒二だよ」と答えたが、時々、今日が何日かも分からなくなる母が、昔覚えたであろうこの句をしっかり記憶しているのに、驚いた。
私が興味をもって覚えているものを、母も記憶しているのも、嬉しい驚きだった。

a0164996_18563612.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-03-23 18:59

満開

買物にデパートへ行った。
あちこちで桜が満開。でも曇り空なのでなんだか冴えない。
夕方からは雨。ほんとに桜の時期の天候は意地悪だ。

a0164996_20393142.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-03-22 20:43

口癖

母の朝の口癖は、「また、今日も生きてた。早く死にたいなぁ」。
「いつもそう言うけど、この前、調子が悪くて、看護師さんやお医者さんに来てもらったとき、ばあちゃん、もういつ死んでもいいから、お医者さんは呼ばんでいい、とは言わんかった。不安そうな顔で、先生を見てたよ」と、私が言うと、
苦笑して「いざとなると、人間は弱いなぁ。でも、死にたい気持ちも本当なんで」と言った。
気持ちは本当なんだろうなぁと私も思う。
お迎えがいつ来るかは人間技では出来ないこと。その時が来るまで、一生懸命生きようよ、と私も言う。母はいつもそうやって、あんたに丸めこまれるなぁ、と笑った。
昨日読んだ本の中の一節。佐野洋子さん(絵本作家)の言葉。
「お迎えは、いつ来てもいい。でも、今日でなくてもいい」

a0164996_19173929.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-03-21 19:20

日常生活を大切に


by sekizono