<   2013年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

赤い傘

30日から1泊2日で親睦&写真撮影の旅。午前中、志高湖から湯布院と写真三昧。
湯布院で小雨が降りだし、傘をさす人も多い。
金鱗湖の周りで、橋の上に赤い傘をさした人が居ると絵になるんだけどと、Iさんが言う。
しかし、なかなか都合のいい人が通りかからない。
折から、赤い傘を持った若い綺麗な女性が通りかかった。
Sさんが、彼女に、あの橋の上を傘をさして歩いてもらえないかしら、と頼んだ。
彼女が目を見張って発した言葉「私は韓国人です」
私達もビックリしたけど、彼女も訳の分からないことを訳の分からない言葉で言われて、ビックリしただろう。
それでも、身振り手振り、英語も交えて皆で説明すると分かったようで、うなずいてくれた。
それで、自分のデジカメにも写してほしいと、デジカメを渡された。みんな、自分のカメラで撮りたい人ばかり。どうする。で、私が犠牲的精神(?)を発揮して、彼女のカメラのシャッターを押した。
撮影が終わって、自分のデジカメを覗いた彼女が微笑んでくれたので、報われた気分ではある。

a0164996_19572855.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-05-31 20:01

玉葱と格闘

今日は玉葱氷と飴色玉葱に挑戦。
玉葱氷は、蒸してミキサーでトロトロにして凍らせる。
家の中が臭くなるのではと危惧したが、蒸した玉葱は匂わない。
玉葱氷を昆布茶に入れて飲むと美味しい、と聞いたので、凍る前だけど試してみたら美味しかった。
今は冷蔵庫に入れてる。10日は持つそうだ。冷凍だと2か月。
飴色玉葱は、ただひたすらに炒める。約1時間。これも冷めたら、冷凍しとこう。
玉葱と格闘した午前中でした。

a0164996_11122914.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-05-29 11:13

玉葱

玉葱を沢山貰った。この玉葱をどう処理するか。普通に料理しても消費するのはたかが知れている。
大量に消費するレシピをいろいろ考え、検索もしてみた。
先ず浮かんだのは、飴色炒め、玉葱ワイン。ジャスコに行って、安いワインとバター、オリーブオイルを買ってきたが、今日は昼から、パソコン講座があるから、作るのは明日にしよう。
玉葱氷。これも明日。で、今日は玉葱の酢漬けを作ることにした。
薄切りの玉葱に塩を振り、しんなりしたところで、酢に漬ける、残っていた人参とキャベツも一緒に漬けた。
玉葱ワインも作ろうとして、ネットのレシピを読んでいたら、凄くまずい、とあったので止めた。ワインは料理に使おう。
夕食に酢漬けを食べたら、結構おいしかった。
明日は、飴色玉葱と、玉葱氷に挑戦しよう。家の中が玉葱臭くなるだろうが。

a0164996_2024313.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-05-28 20:25

防衛本能

昨日のかれい祭り、国東に住んでいる息子一家が私の日程に合わせて同行してくれてた。
孫はフェリーに乗るのは、去年四国に行ったとき以来。幼児のこととて、その時の記憶はないだろう。
フェリーが出発すると、船室に入り込み、それでも出入り口に立ってじっと外を見ている。怖いけど、見たい。そんな雰囲気。この子は未知のモノへの好奇心と共に恐怖心も強いようだ。
船内に、孫と同年齢とおぼしき女児がいたが、この子が恐れを知らぬ子で、デッキから外をしきりに覗きたがる。デッキのフェンスの外に女児の頭が出ている。母親は必死に女児を自分の手で囲っているが、女児はそれを嫌って放せと泣き叫んでいる。
その攻防を見ていると、幼児が恐れを知らぬと言うのも怖いことだと思う。
孫は父親にだっこされると、しがみつきながら、海を見ている。
父親が面白がって、フェンスに近づくと、叫びだす。私は無理に怖がらせなさんな、言った。
孫は、防衛本能が強いのではないか、そしてそれは、あながち悪いことではないと、婆馬鹿の私は思う。

a0164996_20261476.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-05-27 20:29

かれい祭り

恒例のパソコンボランティアの親睦旅行。今年は読売旅行のツアーに参加して、「姫島かれい祭り」に行った。
目玉は、かれい弁当とキツネ踊り、それに今飛来しているアサギマダラ蝶。
少し早いが、11時に弁当を食べ、アサギマダラを撮りに行くことに。シャトルバスが出ている。
バスから降りて歩いていると、前から来た人がヒョイと捕虫網を翻して蝶を捕まえた。
「えっ、いいの」と思ったら、その方は、「アサギマダラを守る会」の会員さん。
蝶の羽に捕えた場所、氏名、日時、ナンバーを記入してまた放す、いわゆる「マーキング」をしているところだった。
例によって、バシャバシャ撮ったが、削除した方が多い。蝶をとるのは難しい。
まつり会場に戻って、盆踊りを見る。男女が交互に並んで踊るアヤ踊りとキツネ踊り。
アヤ踊りは男は激しく、女は優雅に。キツネ踊りは可愛らしくと、なかなかにいい踊りなのだが、いかんせん、時間が短い。二つで10分位。もう少し見たかったが、毎年こんなものらしい。
10月には「車えび祭り」もある。盆踊りと合わせて、年に3回、姫島に人が押し掛ける日である。

a0164996_2036029.jpg

a0164996_20363113.jpg

a0164996_2037251.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-05-26 20:38

はがき

午前中は同好会。同好会仲間とランチして帰ってくると、1通の葉書が来ている。
「高齢者ワンコインバス事業のご案内」
7月1日から、「ワンコインバス乗車証」を提示すれば1乗車一律100円でバスに乗れるようになる。
私の住んでるところはバス過疎地。1日に数えるほどしか通らない。車の方が圧倒的に便利だから、多分使わないだろう。
でも、いつか使う時が来るかもしれないから、申請だけはしておこう。顔写真を撮らなくちゃ。

a0164996_19203814.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-05-25 19:22

一人で出来るもん

母の入浴日。洗濯物をとりに母のところに行った。
部屋に入ると、いつもはベッドに寝て本を読んでいる母が、車椅子に座っている。
顔にもいつもより生気がある。車椅子を動かそうとするので、「どこに行くの」と聞くと、「トイレに行く」と言う。
「誰か呼ぼうか」と言うと、「トイレの前に行けば誰かいるからいい」「押して行こうか」「ひとりで行けるからいい」と言って、車椅子を押して部屋を出て行った。
折角一人で出来ると言うのに、手を出すのはかえって良くないと思い、母が帰ってくるのを待っていると、一人で車椅子を押して帰ってきた。
頭の中に「一人で出来るもん」というフレーズが浮かんだ。
リハビリで、体調が良くなったのだろうか。

a0164996_1946132.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-05-24 19:50

同好会

午後から同好会。エクセル中級。3項目ほど進んだところで、次の説明担当の人が、勉強してきてないので、今日はここまでにして、と言う。3項目も進むとは思わなかったらしい。
で、時間が余ったので、T先生がインターネットでご自分が重宝しているサイトの紹介をなさった。
それでも時間が余ったので、私がよく使っている画像加工ソフト、ピカサの紹介をして、みんなでインターネットからダウンロードしてインストールした。
ざっと使い方の説明をしたが、次の同好会はこれにしてほしいという希望がでた、
GIMPほど難しくなく、いろんな加工が出来るので、面白いかもしれない。
エクセルだけでなく、いろんなソフトを取り上げるのも飽きがこなくていいだろう。

a0164996_20205577.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-05-23 20:23

あんころ

午前中は、パソコン講座。バックアップ講座の最終日。なんとなく自己流でやっていたことを、キチンと学習できて面白かった。
家に帰ってフェイスブックを開けると、今、開催中の萬弘寺の市で定番の「あんころ」、「鶏唐揚」で盛り上がっている。
私の定番「あんころ」は「ふじのや」さん製。子供の時から食べているので、どうしても他店のを買う気がおきない。
最初の日に買って食したが、24日の最終日までにもう一度「あんころ」を買って来よう。「鶏唐揚」も。

a0164996_18275067.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-05-22 18:32

本を買う

午前中、パークプレイス内の美容院に行く。午後は、公民館での「パソコン入門教室」がある。
美容院を出た後、午後の教室まで時間があるので、書店の中を見て回っていると、ある本が目にとまった。

上野千鶴子が聞く
小笠原先生、ひとりで家で 死ねますか?

やけに長い書名だけど、上野千鶴子さんの介護に関する本は関心があるので手に取ってみた。
日本在宅ホスピス協会会長の小笠原文雄さんに、独身で「在宅ひとり死」を希望している上野千鶴子さんが、そのための知恵と工夫を小笠原先生の臨床の経験から徹底的に学ぶための本、と前書きにありました。
上野千鶴子さんの本は強者の論理だなぁと思う面もあるが、学者としていろいろリサーチして書かれているので、役に立つこともあるしで、目につくとつい買ってしまう。
それにしても、かつてのフェミニズム研究の第一人者だった人が、いつのまにか、研究の矛先を介護に向けていたとは。時の経過を感じます。

a0164996_19301872.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-05-21 19:33

日常生活を大切に


by sekizono