<   2013年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

分からん!!

今日も雨模様。どうせ乾かないし、と洗濯もゆっくりして、二階の和室に部屋干ししながら、ふと土手の方に目をやると、カラスおじさんが歩いている。
見ていると、短い距離を行ったり来たりしている。少し歩いてはUターン。それを何回も繰り返している。
部屋の窓から、洗濯物を干しながら、見ていたが、なんのためにこんなことを?
雨模様のせいか、カラスは全く姿を見せていない。が、おじさんは片手になにか握りしめ(石か?)少し歩いてはUターン、を延々と繰り返している。
分からん!! 他人事とはいえ、今日のおじさんの行動は訳が分からん!!

a0164996_18422551.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-06-30 18:43

カラスおじさん Ⅱ

コーヒーブレイク中の話題。
カラスおじさんは、相変わらず、石や棒を持って、土手や道路をウロウロしている。
一日に何回も目撃することがあるので、他にすることはないのか、友達はいないのか、出掛けるだけのお金はないのか、等と、侃々諤々。
あのおじさん、他人の畑にもズカズカ入っていくのよ。畑だからって入ってはいけないことを知らないみたい。と、一人が言った。農業をしたことのない人にはそういう人も多い。
カラスもこの頃は、おじさんを見ると、逃げていくそうだ。
カラスと闘うことに何の意味があるのか、分からない。暇つぶしだとしても、酔狂なと思う。
うちの近所の人が、おじさんの近所の人に、カラスおじさんの名前を聞いたら、「あらー、あの人ついにカラスおじさんになったのね」と言ったそうだから、おじさんの所業は広く知れ渡っているのだろう。
散歩とカラスの撃退に燃える老年。これって、楽しい老後なのかな。

a0164996_18132744.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-06-29 18:14

楽しい人生

長男が小学生のとき、私にこう尋ねたことがある。「40歳を過ぎた人でも、楽しいと思うことがあるの」
私は「あるよ。その年なりの楽しいことがあるのよ」と答えた。
小学生にすれば、大人には楽しいことがあるようには見えなかったのだろうか。
その長男も、はや、40歳を過ぎた。フェイスブックで見る限り、楽しそうにしているぞ。
勿論、生きていくうえでの苦労はあるだろうけど、人生をそれなりに楽しんでくれていると思っている。
そして私も70才に近づいている。が、まだまだ、人生には楽しいことがある。
雨模様の今日、おばさん4人でコーヒーを飲みながらのダベリングをした。
みんな、人には言わないけど、それぞれ悩みを抱えているのよね、と一人が言い、私達もうなずいた。
人生、いろんな苦労や悩みを抱えながらも、生きていることはやっぱり楽しいことだ、

a0164996_19585426.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-06-28 20:01

メール

今朝、息子の奥さんからメールが来た。
出産が予定日より早くなるかもしれないと、お医者さんに言われたそうだ。
7月に入ってすぐかもしれない。
私もいつでも駆けつけられるように準備しとかないと。
母子ともに元気でありますようにと祈る気持ちです。

a0164996_17533241.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-06-27 17:54

朝の買い物

昨日、冷蔵庫の中が寂しくなったので、買い物をしなくてはと思ったが、雨模様なので、翌日に延ばした。
朝、目が覚めると雨が降っている。昨日の予定では、朝7時から開いているパン屋さんで朝食をとり、パークプレイスのジャスコで買い物をすることにしていたのだが、計画変更。
朝食用のパンもヨーグルトもない。あれこれかき集めて、なんとか朝食代わりにお腹にいれて、ジャスコに行った。朝7時から開いているので便利ではある。家を出るときは、小雨だったのに、途中で大降りになった。あちゃ、と思ったが、前に進むしか道はない。
ジャスコの中は、閑散としていた。雨ではあるし、時間は早いしでお客の姿が少ないのは仕方がないとして、店員さんも商品の陳列をするとき、早朝のお客のことは、あまり念頭に入れてないのかなぁ。
冷蔵庫の中に欲しい商品があったのだが、その前に大きな台車を置いてある。私はその台車をまたいで商品をとるハメになった。そのとき、社員らしき人が通りかかったが、別に気にもしない様子だった。
客も少ないし、朝7時から開店することになんのメリットがあるのか、不思議に思った。

a0164996_18235427.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-06-26 18:26

コメント

ブログにはコメント欄がついている。
私も最初はコメントを書き込めるように設定していたが、書き込まれたコメントのあまりの内容にあきれ、コメントは拒否することにした。
ほとんどが、猥褻な言葉を書き連ねたもの。ブログを読めば、60代のおばさんだと分かるではないか。
匿名ということになると、こんなにも愚劣なことが出来るのかと、ウンザリした。
私のブログを読んでいる人はそう多くはないと思う。恐らくほんわずかの人がこんなことをしているのだろうが、汚い文章は読みたくないので、今後もコメントの書き込みは不許可にしとこう。

a0164996_18361220.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-06-25 18:37

寄贈

施設にいる母のところに行ったとき、1階に図書コーナーがあるのを見て、ここに私の本を寄贈したらどうだろうかと考えた。
本棚を確かめると、幅広いジャンルの本がある。ここだと、誰かが読んでくれるかもしれないと、寄贈することにした。
窓口に申し込むと、快く承知してくれたので。今日、母を訪ねたついでに持って行った。
本は、重いので、あと何回かに分けて、持って行こう。
この施設で、大勢の人に読まれたら、本冥利に尽きると言うものだろう。

a0164996_1926673.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-06-24 19:26

生姜

体力維持のために積極的に生姜を摂取しようとよく購入しているが、そうそう大量に取れるものではない。うっかりすると干からびていたりする。
新生姜の酢漬けはよく作るが、それにも飽きてきたので、うまく保存できる方法はないかと、検索してみた。
水に漬けて冷蔵保存すると、かなり長期保存できるとあったので、これが一押しと早速、やってみた。
生姜を水に漬けて保存。初めて知った。やはりネットは便利です。
これから、毎日少しずつ生姜を摂取しようとは思うが、飽きっぽいのは人の常。いつまで続くことやら。006.gif

a0164996_18483775.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-06-23 18:50

誕生ランチ

昨日は私の誕生日。ここ何年か、同じ6月生まれの友達と誕生祝いのランチをしている。
今年は、大在のハサマハウスでランチすることにした。
ネットで検索してみると、評判は上々。ランチは予約できないとあるので、当日早めに行くことにした。
小雨の中、10時45分ごろ到着。11時半開店なので、早く着いたかなと思ったら、ドアの前にすでに3人が待っていた。駐車している車のなかにも2人いる。
待っている間にお喋りしていると、一組はリピーターらしく、ライスとパンのコースがあるが、ライスの方が良いと言うので、それに決定。お喋りしている間に、お客が続々到着。
11時にドアが開き、受付開始。アッと言う間に満席になった。
11時半から席に案内され、食事開始。私達はカウンター席だった。シェフが料理している姿や、従業員が、サービスしている様子がよく見えるので、ここも悪くない。
コースで出される料理が早すぎず、遅すぎずで、料理もサービスもいい塩梅。
最後のデザートとコーヒーは喫茶コーナーに席を移していただく。
友達との誕生月ランチ、来年もまた祝える年でありたい。

a0164996_1852865.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-06-22 18:55

カラスおじさん

朝、洗濯物を干しているとき、家の前を知らない男の人が歩いている日がある。
家の前の道は袋小路で通り抜けは出来ない。このあたりの知人宅を訪ねている風でもない。
突き当りの家の人に「あの人はどういう人?」と尋ねると、「あれが有名なカラスおじさんよ」と返ってきた。
おー、あれが、カラスおじさん。
一昨年あたりからだろうか。私が母の介護で実家に行っている間にデビュー(?)して今はこのあたりですっかり有名になったカラスおじさん。
散歩しながら、カラスを目の敵にして石を投げつけて追い払おうとする人がいると言うのは聞いてはいた。土手の上を歩いている人を近所の人が指さして「あれがカラスおじさん」と教えてくれたが、遠いのでよく分からなかった。
私の家の周りもカラスは結構いるから、散歩&カラス撃退のゾーンに加えたのだろう。
突き当りの家の人は、自分が畑に出ているときは、石を投げないでください、と咎めると言ったが、それにもめげずちょくちょくやってくる。一体カラスにどんな恨みがあるのだろうか。
近くのドラッグストアにいったら、カラスおじさんが、奥さんらしき人と買い物にきていた。上品な雰囲気の綺麗な人だったと、ご注進があった。
奥さんも自分の夫が、余所で「カラスおじさん」と呼ばれているなんて知らないだろうなぁ。
いろんな老後の過ごし方があるものだ。

a0164996_9111239.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-06-21 09:14

日常生活を大切に


by sekizono