<   2013年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ストックがない

猛暑の中ではあるが、同好会のかたのブログを覗くと、皆さん着実に写真を撮っている。
私はこのところ、カメラはご無沙汰しているので、ブログに乗せる写真のストックがどんどん減っている。
近場でいいところを探して、とも思うが、この暑さのなか、二の足を踏んでいる。
これではいけない! 気合を入れて写真を撮りに行こう。
でも、いつ、「今でしょっ!!」と誰か言ってくれ。

a0164996_20234251.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-08-21 20:26

暇つぶし?

残暑なんて言葉がまったく似つかわしくない日々。
こんなに暑いのにカラスおじさんは相変わらず徘徊している。
日曜日、母のところへ行く途中の道でおじさんを見かけたし、今日の午前中、買い物に行くために車を走らせていたら、家の近所の道を上を見たり、後ろを振り返ったりしながら歩いていた。狭い道なので、車には迷惑な人だなぁと思いつつ、横を通り過ぎたが、この暑い中、水筒もなく歩き回って、熱中症にもならず、本当に頑丈な人だと、感心したり、あきれたり。
猛暑でカラスもいないのに、と不思議な気がするが、もう歩き回ることが生活の一部になっていて止められないのかしら。ま、これも老後の暇つぶし、と言ったら、おじさんに叱られるかな。

a0164996_18241773.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-08-20 18:26

見れば分かる

久しぶりに友達と映画を見に行った。
チケット売場で「シニアで」と言うと「年齢を証明できるものを」と言われたが、バッグからゴソゴソ免許証を取り出すのも面倒なので「顔を見れば分かるでしょう」と、冗談半分で言ったが真面目な顔で「証明できるものを見せてください」と返されてしまった。
二人とも70才に近い60代。一目瞭然と思ったが、若い人には分からないのかしら。分かっても規則だから、譲れないのかしらん。
以前、ホテルでランチバイキングしたとき、65才以上は200円引きとあったので、レジで、「免許証を見せましょうか」と言うと「いえ、信頼しております」とにこやかに返された。
ああいう洒落っ気は、映画館のチケット売場のようなところでは発揮できないのかもしれない。

a0164996_20261499.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-08-19 20:29

今日も暑かった

今日は朝から雲の多い日だった。雨を期待したけど、空振り。やっぱり暑い日になった。
出来る限り涼しいうちにと、午前中に母のところに行った。
私の孫二人の写真を持って行ったが、上の子が寝転がって、ゲームをしている写真を見て、「弟に焼餅をやいて拗ねているんかい」と聞いたので、「ゲームをしているところ」と答えると、「あらまぁ、3歳の子がゲームするんかぇ、今はそういう時代なんやなぁ」と笑った。
体調がいいのだろう。このところ、母はごきげんだ。夏の暑い時期に入ってもらって正解だと思う。

a0164996_1862824.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-08-18 18:07

喫茶店

久しぶりに、ランチに行った。
お昼をたっぷり食べて、「もうおなか一杯」と言いつつ、一人が、おいしいコーヒーを飲みたい、と言うので、喫茶店に行った。
そこは、随分昔からある店で、私も多分20年ぶりくらいじゃないかなぁ。
内部はいかにも昔からの喫茶店の雰囲気を残している。スターバックスやマクドナルドなどにはない、落ち着いた感じで、一人で読書などしつつ、まったりと過ごすのもいいかもしれない。お店は儲からないかもしれないが。
コーヒーが運ばれてきた。お皿を返してみると、ウエッジウッドだ。長年使いこまれた感じはするが、縁の金線が欠けてないところをみると、丁寧に扱っているのだろう。
初期投資はそうとう掛かっているよね、なんて、下世話な話をしながら、久しぶりに喫茶店の雰囲気を楽しんだ。

a0164996_19322426.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-08-16 19:33

辞めてはいけない

お盆のせいか、テレビで、葬儀だ介護だの特集が組まれることが多かった。
どの局かは忘れたが、「在宅介護」の特集を見たとき、「ん」と思った。
「在宅での看取り」を希望する親のために、仕事を辞めた人が二人出ていた。
一人は50代の男性で、この方は完全に辞めたわけではなく、自由に動くために契約社員になって介護に当たり、もう一人は女性で、やはり50代半ば。仕事を辞め、貯蓄を取り崩して生活費に充てていると語っていた。
二つとも、テレビでは美談めいた紹介をしていたが、私はこういう事例を見ると、ため息が出る。
いいのか、それでと言いたくなる。
50代で仕事を辞めると言うことは、年金が少なくなると言うこと。そのしわ寄せは子供に行くと言うこと。子供がいなかったら、まだ悲惨になるだろう。
親の介護のために、今から貯蓄を取り崩していたら、自分の老後の悲惨は明らかだろうに、誰もそういうことを指摘しないのか。
親の介護という美名のもとに自分を犠牲にしてはいけない。そうならないために介護保険は存在してると思うし、物理的に出来ないことは、親にもハッキリ言うべきだ。
親の介護のために仕事を辞めることを「美談」とする考えをもう止めた方がいい。
親を見送ったあとのことも視野に入れて、もっと怜悧に、周りの犠牲を出来るだけ少なくする介護、それって必要なことだと思うけどなぁ。

a0164996_172285.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-08-15 17:05

ひきこもり

お盆の中日、今年はまだお坊さんのお経が上がってない。多分15日になると思うが、14日に来ないとも限らない。故に、今日、明日は家を空けられない。
今日の朝から明日の夕方まで、私は引きこもり状態。
こういうときは、同居人がいると助かると思うが、ま、これは1年に一度のこと。
こんなことで、一人暮らしの気楽さは捨てられない。体力の続く限り、この生活は続けたい。

a0164996_17332636.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-08-14 17:34

ところてんで甘味

黒蜜ときな粉を買ってきたので、ところてんにかけて食べることにした。
天付ではなく、四角に切ってきな粉と黒蜜を掛ける。
器も冷やしておいて、食べるとひんやりとして、美味しい001.gif
黒蜜ときな粉だけでなく、果物やあんこ、アイスを乗せたりして食べるのも美味しいかもしれない。あんみつになるか。寒天よりも歯ごたえがあるからいいかもしれない。
が、こんなことを続けていたら、太るぞ025.gif

a0164996_16395052.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-08-12 16:43

暑い、暑い

暑いなー。言っても仕方がないが、一日に何回も言ってる。
外出も決心をしてから出かける。出かける前に一回の外出で済むようにあれこれ計画を立てる。
買いそこなうと、もう出かける気にならないので、それは後回しになる。
ところてんを買ったとき、わらび餅みたいに、黒蜜やきな粉をかけて、甘味として食べても美味しい、と聞いたが、黒蜜やきな粉を買いに出かけるのが、億劫だ。
明日はお盆前の準備で買うものがあるので、ついでに買ってこよう。

a0164996_18534084.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-08-11 18:54

ところてんを買いに

午前中は同好会。
午後は、この暑いのに、いとこと別府までところてんを買いに行く。
二人で、私ら物好きだねえ、と言いながら、出かけた。
去年も夏に二人して買いに行った。老夫婦二人でやっているので、今年もやっているかと電話したら、やっているとのこと。
以前は蒟蒻も作っていたが、もう、ところてんしか作っていないそうだ。
わざわざ別府までと思われるかもしれないが、ここのところてんは、本当に美味しいし、来年も食べられるだろうか、という思いもあって、買いに行きたくなる。
老夫婦お二人、いつまでもお元気で、おいしいところてんを作り続けてほしい。

a0164996_16224484.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-08-10 16:24

日常生活を大切に


by sekizono