<   2013年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

意地の張り合い

私がまだスーパーにパートで勤務していたころのこと。
お昼の休憩時間のとき、自分の周りの人、特に舅姑の悪口をいつも喋る人がいた。
同じような話ばかりなので、みな飽いていたのだが、本人は飽かず喋りたいようだった。
その中のエピソード。
お姑さんと食事したくない彼女は、いつも先に夕食を食べておいてくれるように言ってくるのだが、お姑さんは食べずに待っている。そして、彼女が帰宅して調理し始めると、おもむろに台所で自分が作った夕食を食べ始め、準備が整ったところで、自室に引き上げる。
彼女はお姑さんが自分の作ったものは食べないのを承知で、姑さんの分も作るという。
私が、どうしてそんな勿体ないことをするの、と言うと、亡くなった舅さんから、食べなくても作るようにいわれたから、と言う。
ひょっとしたら、お姑さんは嫁をイライラさせながら、夕食を食べるのを老いの楽しみにしていたのかもしれない。
しょうもない姑と嫁の意地の張り合い。エネルギーの無駄遣いのような気がするが、傍で見ている分には面白いです。

a0164996_16435915.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-10-31 16:46

講演

今日は、ホルトホールで開催される「Iの手の発足10周年記念式典」に出席した。
私は5期生だから、入会年次からいえば中堅のクラスかな。いつまでも駆け出しのような気でいたのに、年月だけは経ってしまった。
常岡浩介というジャーナリストが「お茶の間から戦場まで 生きていくための情報活用術」と題して記念講演されたが、主題から少しズレてはいたが、中東や、ロシア等の戦場ジャーナリストとしての経験談は面白かった。
今、シリア等の中東ニュースは売れないそうで、彼は日本で一番貧しい戦場カメラマンと言っていたが、彼の「日本は、原発を全部止めるとなると、中東に殆ど頼らざるをえないのに、もう少し中東情勢に関心を持った方が良いのでは」という彼の意見は納得できる。

a0164996_17295423.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-10-30 17:31

健康法

同年代が集まると、まず取り上げられる話題は、体にいいこと。
健康でいるため、ボケないための食事や生活習慣等。話し出したらキリがない。
老年からの健康法の本も多数出ている。「老後の健康」という本を買って読んでみた。
いろんな健康法がある。一日一食を進める記事があり、一日三食を提唱する記事がある。
炭水化物を絶って病気を治す方法があれば、その危険性を説いた記事がある。
医学的に絶対正しい方法と言うのはまだないようだ。
確かに、何年か前は正しいとされていたことが、いつのまにか、訂正されていたりする。
昔はコレステロールは仇みたいに言われていたが、今は年を取ったら、むしろ低い方がアブナイとある。
凡人には、なにがなんだかよく分からない。結局は、平凡であるが、いろんなものを少しずつ食べるという結論に達した。

a0164996_18285328.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-10-28 18:29

新しいケーキ屋さん

友達と3人で、イタリアンのお店でランチの約束。
レストランの隣に、ケーキ屋さんが。オープンしたばかりのようだ。
開店までには少し時間がある。ちょっと覗いてみたい。でも今から食事だし、冷やかしでは申し訳ないしで、逡巡していると、どうぞ、と声が掛かったので、遠慮しながら、店に入ってみた。
店内には美味しそうなケーキが並んでいる。女性パテェシエのようだ。独立して25日にオープンしたとのこと。
ケーキは嫌いではないが、これからイタリアンを食べようという日はちょっと、重い。
今日は、遠慮して、誰かと家でお茶する日に、買いにこよう。

a0164996_1956399.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-10-27 19:57

ランチ

同好会が終わって、今日はどこで食事をしようということになった。
私が、先日行き損ねたカフェはどうだろうかと提案して、そこに行くことになった。
教室から近いし、駐車場が狭いので、歩いていくことに。
ドアを開けると、今どき珍しい、靴を脱いで上がるようになっている。
ランチメニューは2種類。デザート、コーヒーも付いている。
運ばれてきた料理をみると、結構量が多い。少し残した。
美味しかったけど、量と言い値段といい、たまにちょっと奢ろうかなぁというときに行く場所かもしれない。

a0164996_17224891.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-10-26 17:24

雨の一日

終日雨。母のところに洗濯物を届けた以外は、外出せず、家に籠ってパソコンの予習をしたり、料理をしたり。
一日、誰とも話をしなかった。こういう日が続くと退屈ではあるが、たまにだとそう悪くない。

a0164996_18371972.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-10-25 18:38

昨日、昼食の支度をしていて、ふと、外を見ると、カラスおじさんが歩いている。雨が降っているのに、傘もささず。寒くはないのか。
従姉二人とのコーヒータイムの時、そのことを話したら、テレビで、窃盗犯は、押し入る家を探して下見をする、と言ってたから、もしかしたら、下見をしているのかしらと考えたけど、という。
でも、皆の口の端にのってから、かれこれ2年になるし、その間、窃盗事件が増えた話は聞かないし、下見の期間にしては長すぎるから、やっぱり、することがなくて歩いているのではという結論になった。
年上のいとこ曰く、「うちのお父さん、良かった。畑仕事があって。することがなかったら、趣味だってお金がかかるし、じっとしていられない性分だから、ウロウロ歩き回って、カラスおじさんだの、スズメおじさんだの言われているかもしれん」
皆で大笑いした。

a0164996_1945886.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-10-24 19:06

たかされ

アマゾンでソフトを購入した。料金代引きで申し込んだので、現金を端数まで揃えないといけない。
明日は荷物が届くという日、買い物に出掛けた。ついでにガソリンを入れようと、スタンドによった。料金の端数は2円。支払ってハッと気が付いた。端数を3円用意しないといけないのに、1円が1枚しかない。代引き用の1円玉を忘れて、スタンドで1円を使ってしまった。このあと買い物に行くから、ま、いいかとスーパーに行く。
スーパーで精算すると、端数なし。おつりの1円がない。スーパー内のパン屋で端数が出るように買物したつもりだったが、その日は5%引きになっていて、端数が5円。5円玉が返ってきた。
2円が欲しい。ケーキ売場に行って、126円のケーキを一つ買った。ケーキ屋でケーキ一つはちょっと勇気がいるが、食べたくもないケーキを沢山買っても仕方がないので恥ずかしさを抑えて、1円玉をゲット。たかが1円、されど1円の話。

a0164996_1717524.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-10-23 17:18

工事中

今日は天気も良いので、母の家に行って、家の風通し&掃除をすることにした。
あと2カ月足らずで家に帰るので、天気の良いときに準備をしておかなくては。
家の近くで、基礎工事のために、地面を掘り返しているらしい音がする。近くによって確かめてみたが、かなり広い面積だから、個人住宅ではなく、なんらかの商業施設かもしれない。
実家の近くは、どんどん家が建っているし、人口も増えているようだから、それを当て込んでの建設かもしれない(当て推量だけど)。
あまり遠くに買い物に行けない私にとっては、便利になるのは嬉しいことだから、推測が当たっていることを祈ろう。

a0164996_18392637.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-10-22 18:40

言い訳

読書好きな私であるが、小説よりはエッセイや歴史ドキュメント、社会学的な本が好きだ。
好きとなると、揃えたくなるのが私の悪い癖。同じ人の本が並ぶことになる。
それだけ本を読んで、内容を覚えているかと問われると、返答出来ない。覚えていないことのほうが多い。
そんな私が言い訳に用いている亀井勝一郎の言葉。
「本を読んでも忘れてしまうといって悲観している人がいる。読書を貯金と思っているらしい。忘れてしまうのが当然だ。忘れようと思っても忘れられない一句があったら、それだけがあなたの血肉となる。読んだ本をいちいち記憶している人がいるとすれば、慢性消化不良症ともいうべき精神の病気である」
「獅子はよく消化された羊の肉よりなる。だからといって羊の思い出に生きている獅子がいるだろうか」

a0164996_20253498.jpg

[PR]
by sekizono | 2013-10-21 20:26

日常生活を大切に


by sekizono