<   2014年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

11月30日

明日から12月。今年もあと一月を残すのみ。大したことをするわけではないのに、年末となると、慌ただしい気分になるのは、日本人のDNA?
公民館の年賀状講座が終わったら、気持ちを、年末モードに切り替えて行かなければ。

a0164996_1941287.jpg

[PR]
by sekizono | 2014-11-30 19:42

大地動乱

今年の日本は、災害が多かった。テレビで、その話題を取り上げていたが、学者によると、今年は千年に一度の、大地の変動期だそうだ。今の状況は9世紀に似ているとも言った。
変動期の始まりは、阪神淡路大震災で、20年も前に始まっているのかと、ビックリするが、地球の暦からすると、アッと言う間だそうだ。
火山も活動期に入っていて、実は今までが噴火が少なすぎて、今、普通の状態に戻りつつあって、その引き金になったのが、3.11大地震だという。あの地震の影響の大きさが分かる。
地球規模で考えると、3.11大地震の余震は100年は続くと言う。
さらに、20世紀は、火山が静かすぎた。21世紀は噴火が増えるだろうと、言っている。
その学者によると、富士山は綺麗な姿をしているが、あれは若い火山だから。富士山は人間に例えたら、二十歳で、まだ青年期なのだそうだ。ということは、富士山の噴火もおおいにありうるということ。
来年も、また災害の続く年になるのだろうか。

a0164996_20141567.jpg

[PR]
by sekizono | 2014-11-29 20:13

あとはよろしく

久しぶりに、いとこ3人でデパートへ行った。
道中、断捨離の話になり、やはり、買物はしたいし、愛着のあるものも捨てられないよねぇ、ということに。
どうせ、年金生活だし、大したことは出来ないけど、ささやかな欲望は、人生のアクセント。あったほうがいい。
後始末は、後の人に。息子よ、あとはよろしく。

a0164996_21165036.jpg

[PR]
by sekizono | 2014-11-28 21:16

脱・断捨離

就活だの終活だの巷ではいろんな言葉が飛び交っている。
先日読んだ週刊誌で、ある宗教学者が、終活なんてしなくていい。モノの始末等は後の人に任せておけ、と書いていたのを読んで、気が楽になった。
今まで、死後に迷惑をかけないために、自分でモノの始末をしようとして、上手くいかなかった。
やはり、愛着のあるものを自分で始末するのは難しいし、綺麗なもの、可愛いものを見ると欲しくなる。
で、モノは一向に減らない。以前はそのことに多少の罪悪感があった。でも開き直って考えてみると、あれが欲しい、これも欲しいという欲望は、元気で生きていることの証ではないだろうか。
欲望の調節が効かないのは困るが、ささやかな欲望は、元気で生きることの原動力ののような気がする。
で、断捨離なるものは考えないことにした。動けなくなるまで、いえ、動けなくなっても、欲望はもやし続けよう。あー、子供たちには迷惑をかけるかな。

a0164996_21273819.jpg

[PR]
by sekizono | 2014-11-27 21:29

ドレッシングの話

昨日の夜、放送されていた「マツコの知らない世界」。ドレッシングの特集とやらで、伊勢丹のバイヤーが、マツコにいろいろなドレッシングの紹介をしていた。
ただ、サラダにかけるのではなく、様々な使い方を披露していたが、一番興味をひかれたのは、ドレッシングを使って、鯖の味噌煮が出来ること。
胡麻ドレッシングに生姜とお酒を加えて鯖を煮ると、味噌を使っていないのに、味噌煮になるという。
これはちょっとやってみたい。一人分が簡単に出来そう。いつか作ってみよう。

a0164996_20325145.jpg

[PR]
by sekizono | 2014-11-26 20:33

昨日、息子一家がやってきた。途中、トイザらスによってクリスマス用のプレゼントを買ったとかで、昼過ぎに到着した。
下の子が、掃除機に興味を持って使いたがるので、オモチャの掃除機を買ったと見せてくれた。孫は大喜びで、引っ張りながら、走り回る。値段を聞くと案外安いけど、アンパンマン等のキャラクターが付くと、価格が大幅に跳ね上がるそうだ。
トイザらスの店内は、子供連れで大変な人出だったそうだ。もうすぐクリスマスだし、連休だし、それは多いだろう。
二人の顔を見ると、おかしくなるのは、長男と次男って、似ているけど、雰囲気は違うこと。
よその兄弟をみても、大抵、長男はオットリとした雰囲気で、次男はヤンチャな感じ。生まれる順番が、顔に与える影響は面白いなぁと思う。

a0164996_1715535.jpg

[PR]
by sekizono | 2014-11-24 17:15

思い

今日は、母が、今の施設から、別のところに移る日。母の表情をみると、緊張しているような感じ。
妹が、介添えして、母をトイレに連れて行った後、小さな声で「やっぱり、かなり衰えているわ」と言った。
母は体格のいい人だったが、今は、手足を見ると、枯れ木のようになっている。
新しいところで、昼食を出されたが、やはり、食欲はないようだ。
家に帰ってしみじみ思った。
私が死ぬとき、もう少し、瑞々しい状態で、逝きたい。でも、元気が残っていたら、そうは簡単に死ねないだろう。
よくPPK(ピンピンコロリ)なんていうが、そういうことは、先ず、自分には起きないと思っていた方がいい。元気なうちは死ねないと覚悟しとこう。
弱って、弱って、弱って、やっと死ねる。暗いことを言うようだが、でも、そう暗くはない。
そういう長い旅路を終えたとき、多分、周りの人は、ホッとして、見送ってくれるだろう。残された者に後悔の気持ちを持たせずに死ぬ。これも大切なことかもしれない。

a0164996_19545926.jpg

[PR]
by sekizono | 2014-11-22 19:56

三人寄って

午後、佐賀関公民館でのパソコン入門教室最終日。
自分のを使いたいと、受講生の一人がパソコンを持参した。
購入したばかりで、使うのは初めてだと言うので、どれどれと、皆で取り囲んだ。
一人が「あれ、これはXPだよ」と言う。確かに画面はXPだ。持主は「中古だけど、7だと言われたけど」とビックリした顔。
コントロールパネルで、システムを確認すると、確かに7だった。XPに7のシステムを入れ込んだようだ。
オフィスは、マイクロソフトではなくて、キングソフト。
文書作成ソフトを開けようとしたら、開かない。ネットに接続してください、のメッセージが出た。
ネットに接続しないと、開かない文書作成ソフトなんて、変だね、と言いつつ無線の設定をしたら、「購入はこちら」の欄がある。
キングソフトのお試し版だった。
購入の経緯を聞くと、インターネットの契約をすると、パソコンを格安で売りますよ、と言われて買ったそうだ。
持主に、業者に文句言った方が良いですよ。これはあと少しで使えなくなって、自分でソフトを購入しなくては、いけなくなりますよ、と言った。
インターネット契約を取るために、初心者の無知に付け込んだ、あくどい商法だ。以前にもこういう事例があったが、まだ続いていたのだ。
おまけに、ソフトを開けたら、マイクロソフトの2003とほぼ同じ画面で、ツールが出ていないのが多く、あっちをクリック、こっちをクリックしてなんとか、入力できる状態になった。
その間、皆で、入れ替わり立ち代りしてパソコンに向かい、まさに「3人寄れば文殊の知恵」状態。
持主は、その間、ぽかんとしてみていた。

a0164996_20471347.jpg

[PR]
by sekizono | 2014-11-21 20:50

田沼則子さん

「たぬまただし」さんと読みます。喜劇俳優だった故三木のり平さんの本名です。
彼がエッセイで、小学校の入学式のとき、男子のときに名前を呼ばれず、女子の席で、「たぬまのり子さんはいませんか」と、何度も呼ばれ、恥ずかしくて返事が出来なかった、と書いていたのを読んだときは、笑った。
親に、何故、こういう名前を付けたのかと、問い詰めたら、「子」というのは、孔子や孟子などの偉大な人物にもつけられてるいい字だと言われたそうだが、普通の男の子にとっては、迷惑な名前だったろう。
喜劇俳優になってからは、名刺を見せては、名前のことで笑いをとっていたようだ。
会社員になっていたら、ちょっと、ややこしかったかもしれない。
親の思いも、込めすぎると、子供には迷惑になるという例だ。

a0164996_17253488.jpg

[PR]
by sekizono | 2014-11-20 17:28

グルーヴ感

月曜の夜9時から、BS4チャンネルで「こころの歌」という番組が放送されている。
クラシック畑の人達なので、とてもきれいな歌声だ。但し、あまり面白くない。他に見たい番組がないとき、内容を見てチャンネルを合わせるときもある。
内容が、唱歌だったときは、声のきれいさが生きて、心地よく聞ける。が、流行歌の場合は、全然面白くない。
グルーヴという音楽用語がある。一口で表すのは難しいようだが、曲を、音譜どおり正確に演奏するのではなく、音や、テンポを少しずらしたり、して表現される、ノリや高揚感など、と解説している。
要するに、クラシック畑の人達なので、キチンと正確に歌っているために、グルーヴ感が全くないから、流行歌は面白く感じられないのだろう。
歌は、正確だったり、声がきれいなだけでは、心を打たないのだなぁと思った。

a0164996_1738659.jpg

[PR]
by sekizono | 2014-11-19 17:39

日常生活を大切に


by sekizono