<   2015年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

思い出せ!!

先日、久しぶりの、従妹たちとのコーヒータイム。県出身の芥川賞受賞作家の本が話題に出た。
最年長の従姉が、言った。
近所の友人が本を買ってきて読んだが、2回読まないと分からなかった、と言って、その本を持ってきたので、自分も読んだが、確かに2回読まないと分からなかった。しかも、全然面白くない。
あんたも、読んでみて、と言われたが、断った。
私も、芥川賞は、敬して遠ざけるクチだし、そんなに皆が面白くないと言ってる本を読むのも、時間の無駄のような気がしたからだ。
その時、頭の中に、芥川賞を受賞していて、ノーベル文学賞も受賞していた、ある作家の顔が浮かんだのだが、名前がどうしても、出てこない。
思い出そうとすればするほど、ドツボにハマると言うか、浮かんでこない。こういうときは、思い出した方が、ボケ防止には良いそうなので、思い出そうとしていたが、出てこない。
昨日の夜のこと。歯磨きをしていたら、ぽろっと名前が浮かんだ。大江健三郎!!
胸のつかえが取れて、スッキリした。が、この先、こういうことが増えるのだろうなぁ。先が思いやられる。

a0164996_14131743.jpg

[PR]
by sekizono | 2015-03-31 14:15

落花狼藉

明日で3月も終わり。季節の変わり目なので、衣類の点検をする。
冬物を、自宅で洗えるものと、クリーニングに出すものに分ける。でも、時に寒くなる時があるので、少し、残しておかなければならない。
春物を出してみる。気温の変動を考えて、重ね着できるものをなどと、考えて、衣類を広げていたら、途中で疲れてきて、今日の作業はお終いにした。
で、今、二階は、冬物と春物の衣類が部屋中に広がり、落花狼藉の有様。知らない人が見たら、泥棒が入ったと思うかもしれない。明日中には片付けよう。

a0164996_21121112.jpg

[PR]
by sekizono | 2015-03-30 21:12

エラーメッセージ

支部のホームページを更新した。先日の親睦バスツアーの記事を「支部の歩み」欄に書き加え、いざ、アップしようとしたら「共有違反」のエラーメッセージが出た。
「共有違反」とは何ぞや?
ネットで検索したら、フォルダ内のレイアウトオプションでプレビューウインドウをオンにすると、なることがあるらしい。
でも、前回、更新したときは、オンにしていたがエラーは出なかった気がする。
とにかく、プレビューウインドウをオフにして、再度アップしたらうまくいった。
そのときの何かの調子で、エラーになったり、ならなかったりするのかなぁ。
どうしてこうなるのか、聞いてみなければならない。

a0164996_1949175.jpg

[PR]
by sekizono | 2015-03-29 19:50

草取り

猫の額の庭だけど、しばらくほったらかしだった。
今日は天気もいいし、草取りをしようと庭に出た。花壇に、どういう風に春の花を植えようかと考えながら草取りをした。
日差しは気持ちよく、鶯も鳴いている。明日から、天気もやや下り坂になるようだが、4月になったら、花苗を買いに行こう。

a0164996_1924722.jpg

[PR]
by sekizono | 2015-03-27 19:03

はや、桜の話題

2月、3月を忙しく過ごしているうちに、はや、桜の開花が話題になっている。
大分は、少し遅いようだ。4月になったら、カメラを持って、動こうかな。近場でもいいから、友達を誘って、行ってみよう。

a0164996_1745762.jpg

[PR]
by sekizono | 2015-03-25 17:46

最後の日

日中は、いろんな手続きのため、あちこち走り回っているので、ゆっくり母のことを考えている時間がない。
でも、夜、食事も済ませ、テレビを見ているとき、母のことを思いだし、目頭が熱くなる時がある。
最後の日、午後から用事があるため、その前に、母のところに行った。
母は、私の顔を見るなり「シュークリームを食べたい」と言った。
今まで、ずっと何を食べたい、と言ったことのない母が、食べたいものを言ったので、びっくりしながらも、少し元気が出たのかなと喜んで、近くのコンビニにシュークリームを買いに行った。
皮は、食べにくいので、中のクリームを、小さな匙ですくい、母の口に入れた、ほんのちょっと舐めて、もういい、と言った。そういうことがあったので、3時ごろ、出先に、上の妹から「母の呼吸が荒くなってきた」と連絡を受けたときは、信じられなかった。
病院に着いたとき、母の呼吸は絶えていた。叔父にも連絡を入れたが、間に合わなかった。
でも、兄夫婦と、上の妹夫婦が、傍に付いていたし、下の妹夫婦も、朝、出勤前に、母と顔を合わせていた。
母の介護を始めたとき、ありふれたことかもしれないが、それなりに苦労した母の人生を「終わりよければ全て良し」にしてやりたいと、秘かに思った。
今日、下の妹にその話をしたら「良かったと思うよ」と言ってくれたので、心残りは、一切、ない。
あとは、冥福を祈るだけだ。

a0164996_19271728.jpg

[PR]
by sekizono | 2015-03-22 19:29

手続き

人が亡くなると、いろいろな手続きが発生する。
ネットで検索してみると、年金関係は、早く手続きしなければならないようだ。
年金機構に、死亡届と未払いの年金の請求手続きをするための必要書類を、社会保険事務所に電話で聞いた。
母の年金証書(紛失の場合はなくてもよい)
母の除票(死亡の証明)
私の戸籍抄本(母との関係を立証するため)
私の住民票(私の住所の確認)
生計同一関係に関する申立書(最初は意味が分からなかったが、親にどういう風につくしたかの申立てのようだ。何もしてないと申立て出来ないそうだ)
私の印鑑、通帳
運転免許証
これだけの書類を揃えて、社会保険事務所で手続きしてきた。
ついでに、一昨日、市の長寿福祉課から。郵便で、母が介護保険からいろいろ受けていた控除の振込先を変更するための書類が来ていたので、記入して、ポストに投函。
これで、年金関係の手続きは、一応終了。

a0164996_18291089.jpg

[PR]
by sekizono | 2015-03-20 18:32

遺影

11日に母が亡くなった。
10日に転院して、その時点で短くてあと1週間と言われたのだが、翌日容態が急転して、午後に息を引き取った。
12日に通夜、13日に葬儀と慌ただしく過ぎたが、ひとつ良かったと思ったことがある。
母がまだ、元気だったころ、80代の半ばごろだった。そろそろ、母の遺影となるものを用意しておこうと、デジカメの練習と称して、母の顔を撮った。
体格が良かったから、母の顔はふっくらしていて、やさしそうに微笑んでいる。
1月に入院した時、この写真をCDに保存しておいた。
葬儀社にこのCDを渡して、遺影を作ってもらった。
葬儀場に飾られた母の写真を見て、おまいりに来た方々が、口々にいい写真だと言ってくれた。
母は化粧をしない人だったが、葬儀社の方の配慮でか、うっすらと口紅をひいている。ピンク色の背景も母の色の白さと、笑顔を引き立てている。
病みつかれて衰えた母の顔は使いたくない。そう思って、元気なうちに写真を撮っておいてよかった。
母のためのこれが最後の親孝行です。

a0164996_2114851.jpg

[PR]
by sekizono | 2015-03-16 21:04

春の雨

朝から強い雨が降っている。
この雨の中を出掛けるのは気が重いが、仕方がない。今日中に片付けなければならない用事があるので、やむを得ず出掛けた。
夕方のように薄暗い感じで、慎重に運転する。
春の雨と言うと「春雨じゃ濡れて行こう」なんて洒落たセリフがあるが、そんな粋なものじゃない。
まったく、春の豪雨と言う感じで、家に帰りついたときは、ホッとして、疲れがどっと出た。

a0164996_2016458.jpg

[PR]
by sekizono | 2015-03-09 20:17

春満開

ちょっと風邪をひいて蟄居してた間に、あちこちで花が咲きだした。
土手には菜の花、散歩の途中でみる家の花壇には、水仙、ビオラ、パンジー等々。チューリップも芽を出している。
ただ、カメラを持って出ようとすると、曇りだったり、雨が降ったりで、なかなか撮るチャンスがこない。
明日は用事があって外出しなければならない。そうこうしているうちに、花が散ってしまう。
せめて桜が咲きだしたら撮りたいものだ。

a0164996_19595015.jpg

[PR]
by sekizono | 2015-03-08 20:00

日常生活を大切に


by sekizono