<   2015年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

今日、新居に畳が入った。今流行の半畳でヘリなしの畳だ。
薄いグリーンと、乳白色とベージュが混じったような色のツートンカラーにしてもらったら、これがなかなか良い感じ。
カーテンと襖との調和が取れている。自画自賛もいいところだが、とても気に入っている。
後の日程を考えると、ため息がでるが、今日はちょっと気分が良い。

a0164996_2019329.jpg

[PR]
by sekizono | 2015-11-28 20:20

口座の閉鎖

引越しにあたって、銀行の口座を、一つ閉じることにした。
と、いっても大した額がはいっている口座ではない。クレジットカードの引落し用に使っていたが、この際、クレジットカードの使用も止めることにしたので、不要になった口座を閉じることにしたのだが、これが案外手がかかる。
口座を閉じる前に、クレジットカードを使用停止にしなければならないが、ここでつまずいた。
フリーダイヤルに連絡したら、例の如く、ロボットのような声で「○○の場合は、何番云々」のガイドをされていると、イライラしてきて、電話を切ってしまった。
次に、通常の電話に連絡したら、順番待ちが凄くて、これも、断念。
結局は、転居後に、直接出向いて解約することにした。口座の閉鎖は、その後になる。

a0164996_1650017.jpg

[PR]
by sekizono | 2015-11-27 16:51

手続き諸々

引越しは荷物の整理だけではない。いろんな手続きがいる。
住所変更は、役所で聞いたら、同一の市内の場合は、転居届でいいそうで、これは引越し後のこと。
郵便局に転居届を出したから、郵便物の配達はOK。
ガス屋さんにも連絡OK。転居後のケーブル設置の予約もした。もう、あとは引越し後に考えよう。

a0164996_1714831.jpg

[PR]
by sekizono | 2015-11-25 17:15

物騒なこと

引越しのことを言っておこうと、隣保班長宅に行った。インターホンを押したが、誰も出ない。
試しにドアノブを引いたら、開いていた。いつも飛んで出る犬がいない所をみると、犬の散歩にでも行ったかな。
この近所は、外出するのに鍵を掛けない人は案外多い。田舎とはいえ、物騒だし、窃盗事件もないわけじゃないのに、うちみたいなところに入る泥棒なんかいないわ、なんて笑ってすましている人が殆どだ。
私は、ゴミ捨てに行くのにも鍵を掛けるが、そういう人間は少数派だ。防犯意識といっても根付くのは案外難しいようだ。

a0164996_1610138.jpg

[PR]
by sekizono | 2015-11-24 16:11

電球

LDKの食卓の上の電球が切れた。その前にキッチン部分の電球も切れている。
LDKの3つの電球のうち、2つも切れてしまった。あと少しで引越しと言うときに、電球を買わないといけない。残る1個が切れたら大変だが、2つ買うのは勿体ないので、食卓の上の電球だけ変えることにした。そこから、キッチン部分まで光が届くから、多少薄暗くはなるが、なんとかしのげる。

a0164996_18535045.jpg

[PR]
by sekizono | 2015-11-22 18:54

ホームページの勉強

午前中は、学習センターで、ホームページの勉強。いよいよ自前のホームページを作る課程に入った。
皆で勉強しているときは、なんとなく分かったつもりでいるが、一人でやるとなると、これは大変だ。
先ず、設計図らしきものを作ってからでないと、グチャグチャになりそうだ。しかも、あと更新していけるだろうか。
でも、やるしかない。

a0164996_17331891.jpg

[PR]
by sekizono | 2015-11-21 17:34

引越し日決定

引越しの日を12月1日に決めた。日を決めたら、断然忙しい。引越し業者を決め、見積もりも済み、昨日段ボールが届けられたので、せっせと詰め込んでいる。
家の中は段ボールだらけ。少し、日にちがあるので、軽いものは自分で運んでおこう。車で20分ぐらいの距離なので、そう疲れることではない。
まわりの人から、無理をしないよう、散々言われる。私も、そのつもり。
年末までに、終ればいいと思って、ゆっくり片付けよう。

リフォームした台所
a0164996_17371085.jpg
[PR]
by sekizono | 2015-11-20 17:40

福士幸次郎

福士幸次郎という詩人がいました。
昭和21年に貧窮のうちに亡くなった人ですが、私がこの人のことを知ったのは、佐藤愛子さんのエッセイの中ででした。
愛子さんの父、佐藤紅緑の弟子だったようですが、エッセイの中では、紅緑の息子達の不祥事の尻ぬぐいに狩り出される人として登場してくる。
だが、愛子さんは、詩人、福士幸次郎の作品を一編だけ紹介してくれた。かなり昔の本だったので、冒頭の所だけしか記憶していなかったが、検索してみると見つかった。

     感 謝
  わたし共にもやがて最後の時が來て、
  この人生と別れるなら、
  願はくば有難うと云って此の人生に別れませう。

冒頭の句だけ書き出しました。
最初に読んだ時、良い詩だと思ったけど、今改めて読むと心に沁みる気がする。
詩集が、青空文庫に収蔵されてました。全部は読まなくても、この詩だけでも、暗唱できるようになりたい。

a0164996_14323778.jpg

[PR]
by sekizono | 2015-11-18 14:38

テロ

今日、運転している時、いつもよりパトカーが多いように感じた。交通事故が増えているからかしら、なんて思っていたが、夕方のニュースで、パリのテロ事件を受けて、県内でも警備を強化したと報道していたから、それでか、と納得した。
20世紀は戦争の世紀、21世紀はテロの世紀、そういう言葉を読んだが、本当にそうなりつつある。
海外旅行に行かなければ、大丈夫、なんて、そんな呑気なことを言ってられない時代になった。日本でもいつ、テロに会うか分からない。用心しろと、言ったって、どうすれば良いのか、分からない。

a0164996_1835326.jpg

[PR]
by sekizono | 2015-11-16 18:36

寂しい秋

今年は、暖かいせいか、紅葉が綺麗に出ない。発色する前に、葉が落ちて行く。そんな感じがする。
今、忙しくて、紅葉を見に行く暇もない私にとっては、ま、いいか、な気持ちになる。
でも、運転しながら、窓から見る山が全然紅葉していないと、少し寂しい気がする。
やはり、秋は秋らしく、紅葉して欲しい。

a0164996_180652.jpg

[PR]
by sekizono | 2015-11-15 18:00

日常生活を大切に


by sekizono