<   2017年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ほんこ、すらこ

秘密のケンミンショーの方言のコーナーで、福岡のどの地方だったか忘れたけど、嘘を「すらしこ」といっていた。
それを聞いていて、子供時代のことを思い出した。
その時代、男の子の遊びナンバーワンは、パッチンだった。道端で、広場で男の子たちは、パッチンをしていた。
パッチンをするとき、「ほんこ」でするか「すらこ」でするか。まず決める。
「ほんこ」とは本気の勝負。負けたらパッチンは取り上げられる。「すらこ」とは、ただ勝敗を決めるだけで、パッチンの移動はない。嘘の勝負だ。
勿論、子供といえども、勝負は本気のほうが面白い。たいていの場合は「ほんこ」で行われる。強い子はパッチンをいっぱい持ち、弱い子は、新しいパッチンを親にねだることになる。
だから、大人は「すらこ」でしなさいという。学校放送で「パッチンはすらこでしましょう」なんて先生が言っていたなぁと懐かしく思い出した。
パッチンのときだけしか「すらこ」は使われなかったけど、「すらしこ」と「すらこ」は語源が同じかもしれない。
今の時代、ゲームには「ほんこ」も「すらこ」もないし、もう二つの言葉は死語だなぁ。
[PR]
by sekizono | 2017-04-29 13:27

やすらぎの郷

「やすらぎの郷」なんて介護施設の名前みたいだが、お昼のドラマの題名です。
往年のスターが、どっさり登場します。なんか評判はいいみたい。主役は石坂浩二。
実をいうと、私はストーリーはどうでもいい。
ただ、往年のスターたちの保存状態の確認と浅丘ルリ子のアイメイクをみたさにチャンネルを合わせている。
浅丘ルリ子、有無を言わさぬ迫力がある。年齢とともにアイシャドーの幅が広がっている。
時代劇もあれで出ているから、凄いものだ。アイシャドーやマスカラをどれぐらい使っているのだろう。誰か止める人はいないのか。
なんてことを、思いながら、見ている。毎日ではないが。
a0164996_16530356.jpg


[PR]
by sekizono | 2017-04-27 16:54

反省

もうすぐ5月。今年もはや4カ月が過ぎようとしている。果たしていない宿題はまだ沢山ある。

明日ありと おもう心の仇桜 夜半に嵐の吹かぬものかは

その通りだ、と思いつつ、今日もグータラと過ごしてしまった。


開きかけたチューリップを真上から撮ったら、歌舞伎の隈取のような感じに撮れた。
a0164996_17192847.jpg



[PR]
by sekizono | 2017-04-25 17:22

認知症予防

昨日の女子会。
民生委員をなさっている方が、少し疲れた顔で現れた。
認知症の方が、トラブルを起こし、事態の収拾に奔走していた由。
「皆さん、認知症にならないでくださいね」と言われたが、明確に「ハイ」とは言えない。
努力して認知症になる人はいないし、なっちゃったら自分では分からないし。難しいです。
で、お喋りの導入部は認知症のことだったけど、お定まりで、話はあっち飛びこっち飛び、2時間たっぷり喋り倒して散会。
このお喋り会も認知症予防に一役かっているといると思う。

[PR]
by sekizono | 2017-04-23 17:06

結論はまだ

昨年来、痩せたのは確かだが、顔にはあまり影響はないみたいで、気が付かない人も多い。
はっきりわかるのは、ウエストまわりから太腿にかけてで、パンツ類がブカブカになった。
冗談交じりに太腿が中腿になったと言っている。
お風呂から上がったとき、鏡でみると内腿がシワシワになっているのがよく分かる。まあ、人様の目に触れるところではないのでいいかと思っている。
春から夏にかけてのパンツ類を補充しないといけないが、以前のものも取っておかないとまた太ったときに困るし、でも収納スペースはあまりないし。
どうすべきか。結論はまだ出ない。
[PR]
by sekizono | 2017-04-21 15:52

文庫本

なんとなく若竹七海の女探偵、葉村晶シリーズの短編集を購入したら、面白かった。
今日は、車で10分ほどの本屋に文庫本を買いに行ってみた。長編しかなかったので、何日かかけて読めばいいかと購入した。
読み始めたら、一気に読了したくなって、食事の支度と、トイレ以外は読みふけった。
5時過ぎに読了。文庫本とはいえ、一日で読み終えるなんて久しぶりのことだ。
明日は、冬物の整理をしたりして、家事に勤しもう。
[PR]
by sekizono | 2017-04-19 20:02

いつまで続けられるか

女子会の会場になっているカフェ。今、売りに出されているので、女子会はいつまで続くか分からない。
今日、お店の前を通ったら「売り店舗」の札が立っていたので、まだ売れてない。今月は、大丈夫、とホッとした。
ある人の旦那さんが、ただ集まってコーヒー飲みながら喋るだけ、それのどこが楽しいんだ、と言ったそうだが、分かってないなぁ女心。
女子は、ただ喋っているだけで十分楽しいんです。
月に一度の至福の2時間。とにかく続けられる間は楽しもう。
[PR]
by sekizono | 2017-04-17 19:39

アマゾンで本を買う

久しぶりにアマゾンで本を買った。
検索すると、新品が一冊あったので、購入ボタンを押すと、配達までに1~2カ月かかるとあった。
急を要するものでもないので、申し込んだけど、3日後ぐらいに、16日か17日に配送できるとメールが届いた。
配達時間の指定が出来ないので、今日来なかったら、明日もまた家にいないといけないかなぁと案じていたら、午前中に届いた。
昨今の宅配事情を考えると、2千円もしないものを再配達してもらうのも気の毒だったから、良かったと胸をなでおろした。
明日は心置きなく外出できる。
[PR]
by sekizono | 2017-04-16 19:34

苗を植える

今年の桜の満開は、観測史上最も遅かったそうだ。桜を長く楽しめそうだが、そうは問屋が卸さない。風が容赦なく散らしていく。
花に嵐の例えもあるぞ なんてフレーズが口をついて出る。
今は、我が家の小さな花壇にせっせと、苗を植えている。安い苗だけだが。
時間があると、ここに何を植えようかと考えている。
今の楽しみは、クリスマスローズの苗をいつ移植しようかということ。
去年咲いた花から種が落ちて小さな芽がいっぱい出てきた。
クリスマスローズは丈夫だし、これを増やせば、一年中緑を楽しませてくれそうなので、庭のあちこちに植えることにした。
今はまだ小さいので、無理だが、成長を楽しみにしている。
下手の横好き的ガーデニングだが、私の癒しになっているのは確か。
[PR]
by sekizono | 2017-04-14 18:15

ボヨヨ~ン

昨日は、雨模様ながら、パソコンの同好会でお花見に車2台に分乗して出かけた。
ある大きな橋にさしかかったとき、同乗していたUさんが言った。
「この橋のたもとにモニュメントがあって、中ほどにおっぱいがボヨヨ~ンと突き出た彫刻があって、反対側には、お尻がボヨヨ~ンと出ているの。見てみて」
橋に近づいたとき、目を凝らしてみると、真っ黒なので良くは分からないが、確かにおっぱいが見えた。運転していたら分からなかったと思う。
なんでも、彼女の娘さんが気が付いて教えてくれたらしい。何回もこの橋を車で渡ったが、言われるまで、全然知らなかった。
帰りに再び、橋を渡った時お尻も確認できた。
しかし何故に、この車の多い橋に、おっぱいとお尻の彫刻を設置したのだろうか。意味が分からない。116.png

[PR]
by sekizono | 2017-04-09 15:58

日常生活を大切に


by sekizono