私の日記

sekizono.exblog.jp
ブログトップ

成人式の風景

成人式のニュースをチラッと見た。ほとんど紅白の小林幸子みたいな女の子、派手な羽織袴の男の子が出ていた。
何年か前の定番はそういう子が暴れまわる、といった景色だったけど、今の子はそういうことはしない。
にこやかに、インタビューに答えて「目立ちたいのでこういう風にしました」なんて言っている。
皆、素直で大人しい。
しかし、私には「素直で大人しい」若者のこういうところで目立ちたい精神がやはり理解できない。
年寄りには分からない世界である。
[PR]
# by sekizono | 2019-01-14 20:19

成人式

私のお気に入りのテレビ番組「YOUは何しに日本へ」で、だいぶ前だが、リポーターの質問に「成人式のド派手衣装の研究のために来ました」と答えた女性がいた。
なんと海外にまで知られていた日本の成人式。
彼女の調査に番組が密着して分かったのは、発祥は北九州市だということ。なんとなくなるほどと、思わされる。
ホントは、明日が成人式だが、今日行われたところもある。全体的に大人しい感じ。長年?ド派手な光景を見慣れた身には物足りない。
慣れとは恐ろしいものだ。あんなに着物の着付けや奇抜な衣装に文句を言っていたのに、大人しい成人式を見て、物足りないなんて言っている。
明日のニュースで、ド派手衣装が見られるだろうか、なんて期待している私は、ミーハー婆です。

[PR]
# by sekizono | 2019-01-13 18:53

年相応

昨日は、定期健診。初病院です。
去年の暮れの血液検査の結果もオール正常。
多少の不調は年の所為と思っていくしかないですね、なんて決意した(何の決意だ?)。
もう3年前になるか、体調不良で、いろいろ検査を受けた結果、別に悪いところはなし。全て年相応。
その時、診察してくれた女医さんに「年だと思って受け入れるしかないですね」と言ったら「その言葉を待っていました」と言われた。
続けて「良くはなりません。年は取るんですから。今より悪くならないようにするだけです」とキッパリ言われた。
その言葉を胸に刻み付けている。
老年と言うのは、下りエスカレーターに乗っているようなものだ。下りつつ同じ景色を見るためには、上がる努力をしなければいけない。
言うは易く、行うは難し。
それにしても「年相応」と言われるとムッとしてしまうのは、何故だろう。私だけだろうか。

[PR]
# by sekizono | 2019-01-12 17:30

些細なこと、大事なこと


by sekizono