私の日記

sekizono.exblog.jp
ブログトップ

ささやかな達成感

短歌の勉強を始めてもうすぐ2年になる。
同窓会の手伝いをしたとき、一緒に幹事をした同級生に勧められて公民館での歌会に加入した。
今年の4月に結社に加入。といっても勤勉な会員ではない。
まだ、数回しか投稿してない。毎月投稿するほどは歌が出来ないので、ポツリポツリの投稿である。
和歌は花鳥風月が基本だとは思うが、私はあまり得意ではない。暮らしや人間を観察しているほうが好みに合っているようだ。
でも、私なりの花鳥風月歌をいつかは作れるようになりたいとは思っている。
歌を作るようになってから、頭の中に浮かんだ言葉やフレーズを、すぐ書き留めるために、テーブルの上にはメモ帳がいつも置いてある。
お風呂上りに髪の毛を乾かしながら、ふと浮かんだ言葉を、翌日メモしとこうと思って忘れたことが何度でもある。
日々、どうってことない生活だが、折々に心にピッタリくる表現が浮かんだとき、頭の中でガッツポーズしている。ささやかな達成感である。



[PR]
# by sekizono | 2018-11-11 17:25

樹木希林

昨日の夜、なんとなくベッドの上で、スマホのネットニュースを見ていたら、樹木希林のことが出ていた。
彼女は事務所を持たず個人で仕事を受けていたとされるが、実は事務所を作り、娘を社長にしていたという。
その理由が、自分の死後、夫の内田裕也にあまり財産を相続させないため、という。
「内田裕也は入ってきたお金を一晩で使ってしまうような人だから」というのがその理由だそうだ。
お葬式のときの内田裕也を見たら、もうそういう元気も残ってなさそうにみえるが、樹木希林が癌で、覚悟を決めたときにそういう処理をしたのだろう。
二人の奇妙な夫婦関係は有名だが、情がありながら、情に流されない樹木希林の性格を表すエピソードだ。
[PR]
# by sekizono | 2018-11-10 17:05

最終日

今日は、公民館年賀状講座の最終日。
受講者の一人が、整理していて出てきたと、平成23年の年賀状講座のテキストを持ってきた。
見てみると、ワード2003で作っている。しかもかなり薄い。
私は加入して何年か経っていたころだ。まだ、2003が多かったころで、今見ると懐かしい。
テキストを持参した人は、パソコンはXPである。もう年だから、新しいパソコンは買わない。XPが壊れるまで使うと言っている。
この講座で、久しぶりにXPを触ったが、あちこち開けていると案外思い出すものである。
[PR]
# by sekizono | 2018-11-09 18:20

些細なこと、大事なこと


by sekizono