私の日記

sekizono.exblog.jp
ブログトップ

イッツ ショータイム

去年のテレビ番組だったと思う。
心理学者が、単に頭の中で頑張ろうと考えるより、ハッキリと口に出して頑張れ私、と唱えたほうが、より頑張れると言っていた。
私は、昔見た映画の一場面を思い出した。オール・ザット・ジャズ
主人公は、ミュージカルの演出家。朝の身支度の場面。
まず、ビバルディの協奏曲をかける。昔だから、カセットテープだった。身支度の最後、ひげの手入れを済ませた彼が、鏡の中の自分に向かってガッツポーズして言う。
「イッツ ショータイム」
この場面が、何回か繰り返される。彼はこういう朝のルーティンワークで自分を高揚していたのだろう。
私も彼の真似をすることにした。
毎朝、化粧のあと(一応するんです)鏡の中の私に、両手を上げたり、ガッツポーズしたりして、声を掛ける
「よし、いこう」だったり「頑張れ」だったりその日によって違うけど、これをすると、少しは頑張れるような気がする。
傍からみたら、滑稽かもしれないけど、誰が見ているわけじゃなし。私の朝のルーティンワークです。
[PR]
by sekizono | 2017-03-07 15:48