私の日記

sekizono.exblog.jp
ブログトップ

過去の亡霊

昭和44(1969)年8月に起こった「シャロン・テート惨殺事件」を覚えている人は、まだ多いだろう。
当時売り出し中だった、女優シャロン・テートさんが夫の留守中に8カ月の胎児と、居合わせた人と共に、ヒッピーの集団に惨殺された事件。
あの日、近所の富豪宅も襲撃されて、何人か殺されている。
そのヒッピーたちを率いていたのが「チャールズ・マンソン」。
カルト的な力で、ヒッピーたちを洗脳していたらしい。
48年も前のことであるから、記憶の底に眠っていたが、先日、夕刊の隅の死亡記事に彼の名前を見つけた。
当時、カリフォルニア州には死刑の制度がなかったので、彼は終身刑に処せられたらしいが、まだ、生きていたのかと、記事を読んでビックリした。
過去の亡霊が、私の前に立ち現れたような気がした。

[PR]
by sekizono | 2017-12-03 16:08

些細なこと、大事なこと


by sekizono