私の日記

sekizono.exblog.jp
ブログトップ

顛末

今日の3時半ごろだった。パトカーのサイレンがやけに長く続いている。
なにか大きな事故でもあったのだろうかとボンヤリ聞いていたら、家の近くで停まったようだ。
何か言っているが、聞き取れないので外に出てみた。若いお母さんらしい二人連れも走ってきている
「刃物を持った不審者がうろついているので、家にいてください」
慌てて、家に入り鍵をかけ、窓を閉める。隣家の人が聞いてきたので告げると、窓を閉めている音がした。
それが4時ごろだった。重苦しい気分で、家の中で過ごすこと1時間以上。なんとなく外で人が動く気配がする。
夕刊も配られているので、多分もういいのだろう。でもなんのアナウンスもない。
5時半ごろ、パトカーらしき車が、ゴニョゴニョ言いながら通り過ぎていく。事態は解除されたのだろう。でもどういう顛末かはサッパリ分からない。
本当に不審者はいたのか、はたまた誤通報か。明日の新聞にどう載るか。
社会面の片隅にあるか、夕刊のミニ事件簿か。明日が楽しみになってきた。
[PR]
by sekizono | 2018-06-29 19:16

些細なこと、大事なこと


by sekizono