私の日記

sekizono.exblog.jp
ブログトップ

待合室で丸かじり

今日は4週間に一度の定期健診の日。血液検査をするというので、朝食を食べずに出かけた。
予約は9時半。15分前に行って待っていた。その日は患者が多く、なかなか名前を呼ばれない。
10時ごろだろうか。診察を終わったらしき二人のおばあさんが、私の斜め前のソファーに座った。
迎えを待っているのだろう。お喋りを始めたが、一人がバッグの中から、トウモロコシを一本取り出し、かじり始めた。
病院の待合室でトウモロコシ。私は、へぇ~と思って見た。
二人とも高齢の所為で耳が遠いのだろうか。声が大きい。聞き耳をたてていたわけではないが、話がよく入ってくる。
どうも、もう一人の人が、今かじっている人に食べさせたくて、昨夜茹でて今朝持ってきたらしい。
かじっているおばあさんは、美味しい、美味しいと言って食べている。
あげた人も美味しいやろ~、と満足気である。
無神経なのか大胆なのかよく分からない。が、年寄りは子供に帰るというから、これでいいのか。
70年以上生きてきて、病院の待合室で、トウモロコシの丸かじりを見たのは初めてだ。
それはそれでいいとして、朝食抜きの私は、余計空腹を感じてしまった。
[PR]
by sekizono | 2018-07-12 18:38