私の日記

sekizono.exblog.jp
ブログトップ

2018年 03月 04日 ( 1 )

おじさん

久しぶりにテレビを見ていて腹が立って、ブログに書いたけど、冷静になってなんで腹が立ったのかを考えてみた。
週刊誌の後追いばかりしている、事なかれ主義のテレビに腹が立ったのは事実だけど、一番は、パワハラやセクハラをしている「おじさん」達の無自覚さにある。
パワハラやセクハラの告発が難しいのは、加害者に当事者意識がないから、言われても気が付かない事。
パワハラやセクハラ自体は昔からあった。私と同じ年齢の女性で、若いときに、会社や地域社会で「おじさん」に嫌な思いをさせられた人は多いと思う。
あの当時「嫌な思い」をぶつけることが出来たら、どんなにスッとしたか。
でも、いくら忖度能力のない私といえども、そんなことが出来る社会状況じゃなかった。
あの当時のおじさんは、若い女性に嫌われていることに無自覚だった。
週刊文春の「おじさん改造講座」はそういう人たちを教育するいい読物だった。
今、若い頃嫌悪していた中年男性よりはるかに年を取った私だから、もはや対象外だけど、その私の目から見ても、今の男性の方が、紳士です。
でも、一部の男性社会では、残っているんですね。何年か前、女子柔道界でパワハラの告発があったし。
それでも、告発が出来るようになったということは、良いことだ。社会は少しずつだけど、確実に変わってきているんですね。

[PR]
by sekizono | 2018-03-04 15:51

些細なこと、大事なこと


by sekizono