私の日記

sekizono.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

よいしょ

年の所為か、体を動かすときに、我知らず掛け声がでる。
午前中銀行に行ってきたが、帰るとき、ドアが開くと、段差があるわけでもないのに、小さな声で「よいしょ」と呟いた。
私の正面、銀行の入り口の3段ぐらいの段を上ってきた男性が「よいしょ」と言っている。私と同年代とおぼしき人である。
同時に「よいしょ」と言っているのには、笑った。(頭の中でだけど)
私の声は小さかったから、彼には聞こえていないだろうが、同病相憐れむとは、このことだ。
[PR]
by sekizono | 2018-04-16 18:16

知らない強味

先月、地域のボランティアの方4人とランチをしたとき、葬儀のことが話題に上がった。
老夫婦二人暮らしのご主人が亡くなったとき、奥さんも入院していて、葬儀を別の所で暮らしている息子が取り仕切った。
家族葬とやらで、近隣の人にはなんの連絡もなかったと、80代半ばの方が、少し悔しそうに話していた。
「今の人は知らんけんなぁ。私らに聞けば色々教えたのに」
彼女は、そう言ったけど、私は別のことを考えていた。
こういう場合、知らないということは、強味かもしれない。
長いこと他所で暮らしていて、地域の慣習には疎いが、今後そこに住む気がなければ、あとで何を言われても良いわけだし、あえて知らないで通すのも一つの手段だ。
中途半端に知っていたら、無視できないいろんなことも、知らなければそれで済む。
何年たっても、冠婚葬祭に関しては、中途半端な知識しかない私は、そういう人が羨ましい。

[PR]
by sekizono | 2018-04-15 17:03

青山京子

友達のご主人が、車で豪邸巡りをしてくれました。
大きな家の前で車を停めて、ここが小林旭の家と教えてくれました。あまり人気を感じない家だった。
小林旭夫人の元女優の青山京子さんはもう亡くなったと思って友達にもそう話したけど、帰って検索したら、健在だった。
ひところ、小林旭と浅丘ルリ子が二人揃ってテレビで、昔の恋愛なんかを話していたから、勘違いしたのかもしれない。
失礼しました、である。
[PR]
by sekizono | 2018-04-12 20:20

ベビーカー

久しぶりに東京に行ってきました。
皆言うことだけど、田舎に住んでいると、車に乗ることが多いので、電車を利用することは少ない。足が階段慣れしていない。
宿泊させてもらう友達の家の最寄り駅についたとき、階段に疲れていた私の目の前にエレベーターが見えた。
やれ、嬉しや。乗ろうとして歩き出した私の前を、ベビーカーを押した若いお母さんたちが大勢歩いていく。
小さいエレベーターでは、いつ乗れるか分からないので、疲れた足に鞭打って、階段を下りた。
改札口に友の笑顔が待っていた。
ベビーカーが多くて、エレベータに乗れなかった話をしたら、この頃、ベビーカーを押した若い母親たちが増えたと言っていた。
それだけ、若い人たちの多い街なのだろう。良いことではあるが、私は疲れました。

[PR]
by sekizono | 2018-04-11 19:09

今年の春は?

「女心と秋の空」
移ろいやすい女心を変わりやすい秋の気候にたとえた諺です。
実は「男心と春の空」「春に三日の晴れ間なし」なんて諺もあるくらい春も気候の変わりやすい時期、の筈なのに今年はどうしたのでしょうか。
冬が終わったと思ったら、やたらに天気が良いし、暖かいを通り越して暑い日が続くしで、桜も早々と散り始めるし。一足飛びに初夏になってしまった。
シニアの身にはこたえます。でもまあ、食欲はあるし、なんとかなるでしょう。(半分やけくそです)
[PR]
by sekizono | 2018-04-03 18:58

活を入れる

女子レスリング界のパワハラ騒動はまだ続いている。
テレビを見ていて、長男が小学生の時のことを思い出した。
サッカークラブに入っていたのだが、6年生の時「お母さん、コーチが丸坊主にしろと言った」そう言ってきた。
訳を聞くと、試合に負けたので、罰として、丸坊主にしろと、コーチが言ったらしい。
夫も私も、そういうことが嫌いなので、即、サッカー部をやめさせることにした。
その前に、息子がサッカーをやめたそうにしていたが、途中でやめさせるのも教育的によくないかと思ってやめさせなかった。
息子は、コーチの勝敗にこだわるそういうところが嫌だったのだな、息子には悪いことをしたなと、反省した。
後で聞いたコーチの弁明「活を入れるつもりだった」今でも、こういう考えは残っているのだろうな。

[PR]
by sekizono | 2018-04-02 16:02

悩ましき春

しばらく春用の外出着を買ってないので、一枚新調しようかと、土曜日に買物に行った。
プルオーバーを買って帰った。
家で試着して鏡の前に立ってみると、襟ぐりがとても広い。サイズも色もいいのだが、シニアにこのデコルテの開き具合は、いかがなものかと返品することにした。
日曜日にお店に行って返品したら、現金ではなく一枚500円の商品券での返金になると言われた。
そのブティックが入っているデパート系のスーパーでしか使えないが、しようがないから受け取りました。
商品券は、お札よりかなり厚いので、今私の財布はパンパンに膨らんでいる。
大した金額でもないのに膨らんでいるいる財布を見ると、嫌な気分になる。
早く使い切ってしまいたいが、無駄遣いは嫌だし。悩ましき春。
[PR]
by sekizono | 2018-04-01 17:26

些細なこと、大事なこと


by sekizono